ターンキーソフトウェアソリューションであるICT Broadcast Service Provider Editionが提供するさまざまなパッケージの技術詳細

ICT Broadcast Service Provider Editionは、請求とルーティングが可能なスケーラブルな自動ダイヤラです。バックエンドとしてオープンソースのAsterisk PBXを使用しています。 ICT Broadcast Service Provider Editionは、アスタリスクPBXの複数のノードに拡張できます。そのため、これにより、単一のAsterisk PBXサーバーのボトルネックも解消されます。複数のアスタリスクノードは、遅延なく透過的に通信できます。さらに、管理者はバックエンドについて心配する必要はありません。 ICT Broadcastの使いやすい監視システムは、ユーザーにサーバーマシンと通話負荷のリアルタイム統計を提供します。

IB-SP-100からIB-SP500

これはICT Broadcast SP Editionの最もシンプルで基本的なパッケージです。 IB-SP-500には、ICT Broadcastと、アスタリスクとKannelが同じサーバーにインストールされているサーバーが1つだけあります。

IB-SP-1000

IB-SP-1000は、2台のサーバーを備えた高度なパッケージです。サーバー1にはICT Broadcast、Apache、Mysql、RabbitMQ、アスタリスク、およびKannelがインストールされますが、サーバー2には拡張性とロードバランシングを強化するためにアスタリスクとKannelしかありません。

IB-SP-2500

IB-SP-2500も5台のサーバーを含む高度なパッケージです。以下は、各サーバーで実行されているソフトウェアの詳細です。
サーバー1:ICT Broadcast、Apache、RabbitMQ、Mysql
サーバー2:アスタリスクとカンネル
サーバー3:アスタリスクとカンネル
サーバー4:アスタリスクとカンネル
サーバー5:アスタリスクとカンネル

ITSPになる方法

インターネットテレフォニーサービスプロバイダーになる方法を知るにはここをクリックしてください。

ICTブロードキャストブログ

自動ダイヤラー市場における最新の記事や最新情報を入手してください