ICTBroadcastバージョン3.0のリリースをお知らせします。 ICTBroadcastは、より成熟したプロフェッショナルな製品に発展しました。 洗練された高性能ツールであり、テレマーケティング、キャリア、 インターネット通信サービスプロバイダー(ITSP)。

ICTBroadcastバージョン3.0には、次の拡張機能が含まれています。

ダッシュボードの改善

システム統計、ユーザーキャンペーン、チャネルの使用状況、キャンペーン統計の監視は、高速で効率的で合理化されています。 すべての監視ニーズをXNUMXか所にまとめ、管理者がノード、ユーザー、キャンペーンの統計を含むシステムリソース全体を監視できるようにしました。

改善されたIVRデザイナー

さらにアプリケーションを追加しました IVRデザイナー、さらにユーザーフレンドリーにします。 完全な通話を録音するための音声録音アプリケーションを追加しました。これにより、後でWebベースのプラットフォームを使用して通話をダウンロードできます。

負荷分散の実装

統合しました RabbitMQの ICTBroadcastを使用し、複数のAsteriskノードでのロードバランシングをテストしました。 XNUMXつのキャンペーンで複数のノードにまたがることができ、一度に数千の同時チャネルのスループットを達成できます。

メールキャンペーン追加

ICTBroadcast 3.0は、 メールキャンペーン。 これで、音声、SMS、ファックス、電子メールからターゲットの通信媒体を選択できます。 メールキャンペーン用に別のプラットフォームを探す必要はありません。 すべてがXNUMXつのソフトウェアパッケージにバンドルされています。 XNUMXつ購入してすべてを手に入れましょう。

調査キャンペーンの追加

調査キャンペーン ユーザーは、複数の質問とさまざまなオプションにまたがる調査を作成し、受信者の応答を取得し、メッセージを記録して、キャンペーンの最後に詳細なレポートを提供できます。 これで、通話受信者がキーを押す機能を使用して応答する必要がある選択ベースの質問と、通話受信者がメッセージを録音する必要がある自由回答形式の質問を作成できます。

事前キャンペーン管理

ICTBroadcastは、より高度なキャンペーン管理システムを提供するようになりました。 ユーザーは、使いやすいダッシュボードから、いつでもキャンペーンを停止または開始したり、リアルタイムでキャンペーンを変更したり、同時チャネルの数を増減したりできます。

高度なユーザー管理

新商品 高度なユーザー管理 管理者はシステムリソースを効率的かつ簡単に管理できるため、このバージョンでは機能が提供されています。 管理者が任意のユーザーに切り替えて、彼のライブステータスを表示できるユーザー切り替え機能を導入しました。

システムに関する構成

システム構成により、管理者はICTBroadcastシステム全体の動作とパフォーマンスを管理できます。 上級ユーザーは、キャンペーン、フォーム、サーバーを構成できます。

さまざまな放送シナリオのサポート

ICTBroadcast 3.0は、音声、SMS、ファックス、電子メール放送、プレス1キャンペーン/インタラクティブ音声放送、調査、アラートシステム、通知システム、世論調査、テレマーケティング、カスタムIVRなど、さまざまな放送シナリオをサポートしています。

カスタム変数/トークンのサポート

カスタム変数またはトークンを使用して、受信者ごとにカスタムメッセージを再生します。 カスタムトークンは、SMSメッセージ、メールテンプレート、TTS、Say Alpha、Say Date、Say Time、Say Number、Say DigitなどのIVRアプリケーションでサポートされています。

キャンペーン統計とレポートの改善

ICTBroadcast 3.0では、キャンペーンの概要とレポート機能が改善されています。 グラフベースのレポートにより、キャンペーンの表示と分析が以前よりはるかに簡単になりました。 これで、通話に応答した人と、通話に失敗した人(話中、無応答、混雑、不明なエラーのため)の連絡先の詳細(連絡先リスト)を表示できます。 これらの連絡先リストをエクスポートして、さらに処理することができます。

サードパーティのソフトウェアと統合するRESTベースのAPI

XNUMX種類の ソフトウェアをサードパーティアプリケーションと統合するためのAPIクラス システム自動化用。 この機能は、Webページでのキャンペーン統計の表示から、関数呼び出しによる新しいユーザーの作成まで、さまざまな方法で使用できます。