目次

1。 概要

ICTBroadcastは、SMBおよびサービスプロバイダー向けのマルチテナントの音声、SMS、およびFAXブロードキャストソフトウェアソリューションです。 ICTBroadcastには、スマートな自動ダイヤラーとスマートな予測ダイヤラー機能があります。 これにより、サービスプロバイダーは、ユーザーにブロードキャストサービスを提供できます。 VoIPまたはPSTNのいずれかを使用して、数千の同時呼び出しを爆破するように拡張できます。 ICTBroadcastは、ほとんどの音声放送シナリオを処理できます。 シンプルで信頼性が高く、使いやすく、ユーザーフレンドリーなWebポータルで管理できます。

2。 ロール

ICTBroadcastにはXNUMXつの基本的な役割があります。

2.1。 管理者

この役割は、ユーザーの管理、トランクの構成、支払い、新しい宛先の追加、ルートの設定、そして最も重要なことには、ユーザーへの利用可能な拡張機能、DID、チャネルの割り当てなど、システムの全体的なリソースを実際に管理します。

2.2。 ユーザー

この役割により、ユーザーは連絡先、音声録音、キャンペーンのスケジュールを管理できます。 また、ユーザーは、さまざまなタイプのキャンペーンを作成して結果/統計を表示することにより、メッセージをブロードキャストし、目的の受信者とやり取りすることができます。

3.ダッシュボード

ダッシュボードはシステム監視ページであり、以下に説明するシステム全体の重要なライブ統計を表示します:


3.1。 アクティブユーザー

ICTBroadcastを使用している現在アクティブなユーザーを表示します

3.2。 システムステータス

システムステータスには、アクティブなキャンペーンの数とアクティブなチャネルの総数が表示されます

3.3。 キャンペーン統計

キャンペーン統計には、実行中のキャンペーンのリアルタイムの統計が、ダイヤル、応答、失敗したコールの数とともに表示されます

4.キャンペーン

ユーザーはメインメニューバーの[キャンペーン]タブをクリックして、この機能にアクセスできます。 XNUMXつのメニュー項目があります。 それがキャンペーン管理とキャンペーン概要です。 これらXNUMXつについて、以下で説明します。

4.1。 キャンペーン管理

ユーザーがキャンペーン管理メニューをクリックすると、次のようなページが開きます。 ここでユーザーはキャンペーン管理のためのさまざまなオプションを持っています。
新規追加:ユーザーは新しいキャンペーンを作成できます(以下の「4.1.1。新しいキャンペーンを追加」を参照)
変更:開始前に既存のキャンペーンパラメータを変更/編集します
アクション:キャンペーンを手動で開始および停止する
監視:キャンペーンのライブ通話を監視する
結果:連絡先と呼ばれるデータが入力された、完了した通話の通話統計
[選択を削除]ボタン:選択したキャンペーンを削除します

4.1.1。 新しいキャンペーンを追加

ユーザーは次の場所からこのオプションにアクセスできます。
1.「キャンペーン」タブをクリックします。
2. [キャンペーン管理]タブをクリックします。
3. [新規追加]をクリックします
4.キャンペーンのタイプを選択します(例:音声、ファックス、SMS)
ICTBroadcastは、すべてのキャンペーンをXNUMXつの主要なカテゴリ(音声、ファックス、SMS)に提供しています。 音声キャンペーンは、メッセージ、エージェント、インタラクティブ、サーベイ、およびインバウンドのキャンペーンタイプにさらに分類されます。

上の図に示されている各キャンペーンの詳細な概要を以下に示します。 この詳細により、キャンペーンの目的、キャンペーンの作成方法、および入力する必要がある重要なフィールドが強調されます。

4.1.2。 声=>メッセージキャンペーン

このキャンペーンの目的は、音声メッセージを放送することです。 このタイプのキャンペーンでは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたボイスメッセージを再生して電話を切ります。 ユーザーが上の図から「メッセージキャンペーン」を選択した場合。 これにより、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 ユーザーがあらゆるタイプのキャンペーンについて入力する必要がある一般的なパラメーターは次のとおりです。
キャンペーン名:識別のためのキャンペーンの名前
連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:[通常]を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンが停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
ボイスメッセージ:作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
紹介メッセージ:このフィールドを有効にすると、キャンペーンマネージャーは紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。
DNCアクション:(呼び出し禁止)DNCを有効または無効にすることができます。 無効にすると、アクションは実行されません。 有効にすると、DNCアクションのキー「9」が設定されます。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。
AMDアクション:(Answering Machine Detection)無効にすると、留守番電話を無視します。 切断を選択すると、AMDが検出された場合は検出され、切断された場合は通常どおり続行されます。 XNUMX番目のオプションはメッセージを残すことです。見つかった場合はAMDを検出し、別のメッセージを再生して切断します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります
設定
マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。
発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します

キャンペーンスケジュール
キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールします。次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻でキャンペーンを停止します

キャンペーンを保存するには、上部の[保存]ボタンをクリックします。

4.1.3。 声=>エージェントキャンペーン

連絡先リストからのこのタイプのキャンペーンダイヤル番号、および受信者による応答時に、エージェント/外部コールセンター/ IVRシステムに直接コールを転送します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

ICTBroadcastは、エージェント用のWeb電話の更新バージョンを提供しています。 このWebRTCベースの電話を使用すると、エージェントは、追加のハードウェアやソフトウェアを使用せずに、ブラウザのみを使用して通話を受信できます。 このWeb電話はエージェントキャンペーンに統合されています。 転送されたコールを受信することに加えて、エージェントは次のアクションを実行できます。

ポップアップ/ CRMに連絡先の詳細を読み込む
キャンペーンスクリプトの読み込み
通話転送
エージェントのステータスを利用可能/利用不可に設定

このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。
キャンペーン名:識別のためのキャンペーンの名前
連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:[通常]を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンが停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
ボイスメッセージ:作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
紹介メッセージ:このフィールドを有効にすると、キャンペーンマネージャーは紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。
DNCアクション:(呼び出し禁止)DNCを有効または無効にすることができます。 無効にすると、アクションは実行されません。 有効にすると、DNCアクションのキー「9」が設定されます。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。
エージェント内線番号:このフィールドには、通話が発信される内線番号が表示されます。 内線は、コールをさらに処理するために、エージェント、外部コールセンター、または任意のIVRシステムに転送できます。
AMDアクション:(Answering Machine Detection)無効にすると、留守番電話を無視します。 切断を選択すると、AMDが検出された場合は検出され、切断された場合は通常どおり続行されます。 XNUMX番目のオプションはメッセージを残すことです。見つかった場合はAMDを検出し、別のメッセージを再生して切断します。 留守番電話用に記録されたメッセージのフィールドがあります
設定
マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。
発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します
キャンペーンスケジュール
キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールします。次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻でキャンペーンを停止します

キャンペーンを保存するには、上部の[保存]ボタンをクリックします。

4.1.4。 声=>インタラクティブキャンペーン

このオプションにより、ユーザーはインタラクティブなキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたメッセージを再生し、受信者が目的のキーを押すと、受信者をライブエージェントに転送して、さらにコールを処理します。 ユーザーがこのタイプのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

ICTBroadcastは、エージェント用のWeb電話の更新バージョンを提供しています。 このWebRTCベースの電話を使用すると、エージェントは、追加のハードウェアやソフトウェアを使用せずに、ブラウザのみを使用して通話を受信できます。 このWeb電話
インタラクティブキャンペーンに統合されています。 転送されたコールを受信することに加えて、エージェントは次のアクションを実行できます。

ポップアップ/ CRMに連絡先の詳細を読み込む
キャンペーンスクリプトの読み込み
通話転送
エージェントのステータスを利用可能/利用不可に設定

このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。
キャンペーン名:識別のためのキャンペーンの名前
連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:[通常]を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンが停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
ボイスメッセージ:作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
紹介メッセージ:このフィールドを有効にすると、キャンペーンマネージャーは紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。
DNCアクション:(呼び出し禁止)DNCを有効または無効にすることができます。 無効にすると、アクションは実行されません。 有効にすると、DNCアクションのキー「9」が設定されます。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。
必須の入力キー:これは、システムがコールをエージェント/拡張機能に転送する必要があるキーを定義します
エージェント内線番号:このフィールドには、通話が発信される内線番号が表示されます。 内線は、コールをさらに処理するために、エージェント、外部コールセンター、または任意のIVRシステムに転送できます。
AMDアクション:(Answering Machine Detection)無効にすると、留守番電話を無視します。 切断を選択すると、AMDが検出された場合は検出され、切断された場合は通常どおり続行されます。 XNUMX番目のオプションはメッセージを残すことです。見つかった場合はAMDを検出し、別のメッセージを再生して切断します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります
設定
マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。
発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します
キャンペーンスケジュール
キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールします。次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻でキャンペーンを停止します

キャンペーンを保存するには、上部の[保存]ボタンをクリックします。

4.1.5。 音声=>インバウンドキャンペーン

このオプションにより、ユーザーはインバウンドキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、IVRシステムのように機能します。 ユーザーが着信番号(DID)を公開し、関心のある発信者がこれまたはこれらの番号を呼び出して、事前に録音された音声メッセージを聞く。 発信者が目的のキーを押すと、通話はライブエージェントに転送され、さらに通話が処理されます。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。
キャンペーン名:識別のためのキャンペーンの名前
連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:[通常]を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンが停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
DID:Direct Invard Dialing。 このフィールドでは、連絡先からの着信コールを処理するDID番号を選択できます。
ボイスメッセージ:作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
紹介メッセージ:このフィールドを有効にすると、キャンペーンマネージャーは紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。
DNCアクション:(呼び出し禁止)DNCを有効または無効にすることができます。 無効にすると、アクションは実行されません。 有効にすると、DNCアクションのキー「9」が設定されます。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。
必須の入力キー:これは、システムがコールをエージェント/拡張機能に転送する必要があるキーを定義します
エージェント内線番号:このフィールドには、通話が発信される内線番号が表示されます。 内線は、コールをさらに処理するために、エージェント、外部コールセンター、または任意のIVRシステムに転送できます。
AMDアクション:(Answering Machine Detection)無効にすると、留守番電話を無視します。 切断を選択すると、AMDが検出された場合は検出され、切断された場合は通常どおり続行されます。 XNUMX番目のオプションはメッセージを残すことです。見つかった場合はAMDを検出し、別のメッセージを再生して切断します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

4.1.6。 声=>調査キャンペーン

このキャンペーンの目的は、調査/投票を行うことです。 このタイプのキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が回答すると、一連の質問と受信者からの回答を求め、さらに分析するためのレポートを準備します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。
キャンペーン名:識別のためのキャンペーンの名前
連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:[通常]を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンが停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
ボイスメッセージ:作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
紹介メッセージ:このフィールドを有効にすると、キャンペーンマネージャーは紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。
DNCアクション:(呼び出し禁止)DNCを有効または無効にすることができます。 無効にすると、アクションは実行されません。 有効にすると、DNCアクションのキー「9」が設定されます。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。
AMDアクション:(Answering Machine Detection)無効にすると、留守番電話を無視します。 切断を選択すると、AMDが検出された場合は検出され、切断された場合は通常どおり続行されます。 XNUMX番目のオプションはメッセージを残すことです。見つかった場合はAMDを検出し、別のメッセージを再生して切断します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります
調査の質問:このフィールドでは、ユーザーが調査の質問の数を選択できます。 現時点では、最大10の質問がサポートされています。 ユーザーが質問の数を選択すると、質問フィールドが表示され、記録された質問を選択して、必要な応答を構成できます。
設定
マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。
発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します
キャンペーンスケジュール
キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールします。次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻でキャンペーンを停止します

キャンペーンを保存するには、上部の[保存]ボタンをクリックします。

4.1.7。 FAXキャンペーン

このオプションを使用すると、ユーザーはFAXキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンダイヤル番号は、連絡先リストから取得され、受信者が応答すると、ファックスドキュメントを転送します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。
キャンペーン名:識別のためのキャンペーンの名前
連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:[通常]を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンが停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
FAXドキュメント:作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
設定
マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。
発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します
キャンペーンスケジュール
キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールします。次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻でキャンペーンを停止します

キャンペーンを保存するには、上部の[保存]ボタンをクリックします。

4.1.8。 SMSキャンペーン

このオプションにより、ユーザーはSMSキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、SMSメッセージをすべての受信者に送信します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。
キャンペーン名:識別のためのキャンペーンの名前
連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:[通常]を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンが停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
FAXドキュメント:作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
設定
マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。
発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します
キャンペーンスケジュール
キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールします。次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻でキャンペーンを停止します

キャンペーンを保存するには、上部の[保存]ボタンをクリックします。

4.2。 キャンペーン概要

キャンペーンの概要オプションでは、キャンペーンのステータスをグラフで表示できます。 応答済みコール、未応答コール、失敗、未コール、輻輳などが表示されます。

5.連絡先

ICTBroadcastを使用すると、ユーザーは連絡先を管理できます。 連絡先はカンタクトグループにまとめることができます。 連絡先は、基本的にダイヤルする電話番号です。 連絡先グループは、複数の宛先/国の電話番号を持つことができます。 ユーザーは、特定のグループまたは連絡先への通話終了のために、地域、国、および宛先を管理することもできます。

5.1。 連絡先グループ

次の図は、システムに連絡先グループを作成するための必須フィールドを示しています。
タイトル:タイトルにより、ユーザーはさまざまな連絡先グループを区別できます。
説明:タイトルでは十分な意味がない場合、説明により連絡先グループをさらに詳しく説明できます。
地域:地域には、すべての大陸とそれらの大陸内の主要な地域が一覧表示されます。
国:ユーザーは自分が住んでいる国を選択できます。
許可された宛先:このフィールドには、選択された地域およびその地域内の国からの許可された宛先が表示されます。 ただし、ユーザーはすべての地域とすべての国のオプションを選択すると、許可されているすべての目的地を表示できます。 ユーザーは、特定の連絡先グループに必要な宛先をいくつでも選択または削除できます。 そのため、その連絡先グループには、選択した宛先との間の連絡先のみが含まれます。

5.2 連絡先

連絡先は、電話番号その他の個人情報です。
新規追加:ユーザーが[新規追加]ボタンをクリックして、特定の連絡先グループに連絡先を入力できるようにします。
インポート:このオプションを使用すると、「インポート」ボタンをクリックして、外部テキストまたはCSVファイルから連絡先リストをインポートできます。 外部ファイルの形式は、以下に示すようにCSV(カンマ区切り値)形式である必要があります。

923330000000, First Name, Last name, email@domain.com, address, custome value 1, custome value 2, custome value 3, comments
923331111111, First Name, Last Name, other@domain.com, address, custome value 1, custome value 2, custome value 3, comments

最初のフィールドは必須の電話番号ですが、他のフィールドはオプションです。 つまり、ユーザーは次の形式を使用して連絡先リストを簡単に作成できます。

923300000000
923331111111
...

重複の検索:このオプションを使用すると、ユーザーは重複する連絡先を検索できます。
無効を検索:このオプションを使用すると、ユーザーは無効な連絡先フォームリストを検索できます。 無効な連絡先は、連絡先グループの事前に選択された宛先と一致しない連絡先として定義されます。

5.3。 DNCの連絡先

DNC連絡先は、ユーザーが呼び出したくない連絡先です。 ユーザーはこのDNCリストを元の連絡先リストに適用でき、DNCリストに存在する連絡先リストからそれらの連絡先をフィルターで除外して削除します。

6.設定

これはICTBroadcastの非常に重要な領域です。 これにより、ユーザーは内線、トランク、DID、録音、SMS、ファックスを管理できます。 これらのオプションはすべて、ユーザーがキャンペーンを作成する必要がある場合に必要です。 つまり、ユーザーが選択したキャンペーンを作成するときは常に、最初にいくつかの録音、SMSまたはFAXをアップロードするための設定に移動する必要があります。ユーザーは、通話終了のためにトランクを追加する必要があり、ユーザーがDIDを必要とする場合があります。インバウンドキャンペーンなどを作成したい。

6.1。 エージェント/拡張機能

エージェント/拡張機能フォームを使用すると、拡張機能名、パスワード、SIPまたはIAXプロトコル、および転送を入力できます。 この設定は、エージェントキャンペーンまたはインタラクティブキャンペーンに必要です。 ユーザーは、内線番号を外部のコールセンターまたはIVRシステムに転送できます。

6.2。 サービスプロバイダー/トランク

サービスプロバイダー/トランクは、基本的にはコール終了ポイントです。 トランクは、ユーザーがVOIPまたはPSTNネットワークを使用して関心のある受信者と接続できるようにするインターフェイスです。 したがって、ユーザーはトランクの詳細をここに入力します。
トランク
トランク名:トランクの名前
タイプ:インバウンド、アウトバウンド、またはインバウンドとアウトバウンドの両方
ステータス:アクティブまたは無効
重み:重みはトランクの優先順位を設定します。 トランクは、ルート選択を行っている間、他の値よりも低い値が優先されます
設定
ゲートウェイタイプ:VoIPの場合はアスタリスク、SMSの場合はKennel
最大チャネル容量:許可される最大チャネル数
ダイヤルプレフィックス:このトランクで必要なプレフィックスがある場合
トランク構成
プロトコルタイプ:IAXまたはSIP
登録文字列:トランクから要求または要求された場合のみ
設定:このトランクに接続するためのタイプ、ホスト、ユーザー、パスワード
ダイヤル文字列(デフォルト)
SIPダイヤル文字列:SIP /%phone /%trunk
IAXダイヤル文字列:IAX /ユーザー名/%trunk /%phone
Kannelダイヤル文字列:to =%phone&smsc =%trunk

6.3。 インバウンドDID

DID番号は、発信者がダイヤルする番号であり、システムはそのコールを受信します。 次のフォームでは、DID番号、その説明、およびそのDIDのインバウンドコールを受信するトランク名を入力できます。

6.4。 録音

これは、ユーザーが録音をアップロードする領域です。 これらの録音には、メッセージ、調査質問、紹介メッセージなどがあります。ユーザーが録音を持っていない場合。 心配しないでください。システムはユーザーにTTS(テキスト読み上げ)機能も提供します。 録音タイプをテキストに選択し、ユーザーが再生したいテキストを書き込みます。 システムが録音を作成し、そのメッセージが再生されます。 システムはまた、ユーザーがユーザーがアップロードまたはテキストを書き込んだサウンドを再生する機能をユーザーに提供します。

6.4.1。 音声録音の準備

必要なサウンドファイルの形式は、8 Khzのサンプリングレート、16ビットのモノラル、およびサポートされているタイプで、wavファイルである必要があります。 ユーザーは、次のいずれかの方法を使用して、8 kHzの16ビットのモノWAVファイルを作成できます。
a。 Microsoft Windows組み込み録音ツール「サウンドレコーダー」
1. Windowsオペレーティングシステムの[スタート]ボタンをクリックします。
2. [すべてのプログラム]をクリックします
3. [アクセサリ]をクリックします
4. [Entertainment]をクリックします
5. [サウンドレコーダー]をクリックします
6.開始ボタンと停止ボタンを使用して、マイクで声を録音します
7. [ファイル]メニューをクリックします
8. [名前を付けて保存]をクリックします
9.適切なファイル名を入力します
10. wavファイルとして「ファイルの種類」を選択します
11. [変更]ボタンをクリックして、フォーマットを8kHz 16ビットモノに変更します。
12.保存したファイルを新しい録音としてICTBroadcastにアップロードする
b。 TTS(音声合成)プログラム
espeak、flite、festivalのようなオープンソースソリューション、およびcepstral、ispeech、voiceforgeのような商用ソリューション。 この機能は、フェスティバルTTSプログラムを使用してICTBroadcastの新しいバージョンに追加されました。 今、ユーザーはテキストを書くだけで、そのオーディオはシステムによって作成されます。
c。 オーディオの録音と編集のためのオープンソースソフトウェアaudacity
d。 voice123のようなプロバイダーの専門家による専門的なボイスオーバー

6.5。 FAXドキュメント

これは、ユーザーがFAXドキュメントを管理する領域です。 ユーザーは、アップロードされたFAXドキュメントをプレビューすることもできます。

6.6。 SMSメッセージ

これは、ユーザーがSMSメッセージを管理する領域です。 次のフォームはシンプルで、メッセージのテキストタイトル、必要に応じて説明、およびユーザーがブロードキャストするSMSメッセージが必要です。

7.ユーザー管理

ICTBroadcast Enterpriseエディションには、管理者とユーザーというXNUMXつの基本的なユーザーロールがあります。 管理者にはすべての特権があります。ユーザーにはユーザー管理、トランク管理、拡張機能、DID、地域、国、宛先管理などの制限があります。次のフォームは、管理者のユーザー管理領域を示しています。 管理者はユーザーを管理し、拡張機能の割り当てやDIDの割り当てなどのリソースをユーザーに割り当てることができます。

以下のフォームは、ロールの作成に必要なフィールドを示しています。

8.マイアカウント

8.1.マイアカウント

このフォームには、アカウントのステータス、個人情報、連絡先情報、およびタイムゾーン設定が含まれています。

8.2。 パスワードを変更する

ユーザーは、以下に示すように、マイアカウント->パスワードの変更フォームでパスワードを変更できます。

8.3。 ライセンスのアップグレード

ユーザーがライセンスキーを受け取っている場合は、システムにアップグレードできます。