ICTBroadcastでは、ユーザーがカスタムを設定できます 発信者ID 宛先に応じて発信発信者番号を変更します。 これにより、ユーザーは自分の電話からダイヤルしているように識別できます。 ただし、これは発信者の身元を隠すために使用することもできますが、倫理的にはお勧めできません。

カスタム発信者ID

ICTBroadcastでは、さまざまなシナリオで発信者番号を設定するためのさまざまなオプションを使用できます。 たとえば、発信ブロードキャスト中に発信者IDを設定でき、同様に、コールがエージェントに転送されるときに発信者IDを設定する必要がある場合もあります。 管理者は、システム構成からこれらのオプションを設定できます。

デフォルトの発信者番号: アウトバウンドキャンペーンのデフォルトの発信者IDを設定します。 管理者はここで任意の値を設定でき、グローバルな発信者IDとして使用されます。 ここでは、[campaign:callerid]などのトークン(変数)も使用できます。 個々のキャンペーンで設定された発信者IDを使用するようにシステムに指示します。
デフォルトのCallerID名: アウトバウンドキャンペーンのデフォルトの発信者IDタイトルを設定します。 上記と同様に、管理者はこのフィールドで任意の値またはトークン([camapign:callerid_name])を使用できます
転送時の発信者番号: 転送時に発信者IDを設定します。 たとえば、コールがコールセンター/エージェントに転送される場合。 管理者は[contact:phone]を使用して、エージェントに転送されたコールの受信者の電話番号を表示できます。

CallerID機能

DIDベースの発信者ID

発信者ID は、受信者が通話を受信したときに表示される番号です。 ICTBRoadcastを介してテレマーケティングキャンペーンを実行している間、管理者はインバウンドキャンペーンの各ユーザーに一意のDIDを割り当て、DID番号をCallerIDとして使用できます。

コールセンターが 着信, 発信者ID 電話番号をコールセンターのソフトウェアデータベースの情報と照合して発信者を識別するために使用され、統合されています CRM。 この発信者が識別され、発信者に関する関連情報が取得されると、通話は最も適切な場所にルーティングされます エージェント この情報に基づいています。

DIDベースの発信者IDの詳細を見る

コールセンターモジュール