ICTブロードキャストSP版

バージョン: 4 最終更新日:20年08月2019日更新者: ICTブロードキャスト Eメールアドレス: info@ictbroadcast.com

ユーザーガイド

ICTブロードキャストをご購入いただき、誠にありがとうございます。 このヘルプファイルの範囲を超える質問がある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にメールでお問い合わせください。 こちら。 本当にありがとう!

目次

  1. 概要
  2. 役割

    1. 管理者
    2. ユーザー
    3. エージェント
  3. モード

    1. 本国行きの
    2. 外国行きの
    3. 正社員
  4. ICTBroadcastのセットアップ

    1. ユーザーとしてログイン
    2. 新しい連絡先を追加
    3. 連絡先グループを追加
    4. 音声録音を追加
    5. 新しいキャンペーンを作成します。
  5. ダッシュボード

    1. ダイヤルされた連絡先
    2. キャンペーン開​​始
    3. 私のアクティブなキャンペーン
  6. キャンペーン

    1. キャンペーン管理
    2. 新しいキャンペーンを追加

      1.声=>エージェントキャンペーン

      2.声=>インタラクティブキャンペーン

      3.音声=> IVRキャンペーン

      4.声=>メッセージキャンペーン

      5.声=>統合キャンペーン

      6.声=>調査キャンペーン

      7.FAXキャンペーン

    3. キャンペーン概要

    4. キャンペーンのデフォルト設定
  7. 連絡先情報

    1. 連絡先グループ
    2. 連絡先情報
    3. DNCの連絡先
  8. メッセージ

    1. レコーディング

      1. 音声録音の準備
    2. FAXドキュメント

    3. SMSメッセージ
    4. 電子メールテンプレート

    5. IVR

      1. IVRデザイナー
      2. IVRアプリケーションでの変数の使用
      3. IVRアプリケーション
  9. マイアカウント

    1. マイアカウント
    2. パスワードの変更
    3. 支払い
  10. レポート

    1. 概要
    2. CDRの概要
    3. のCDR
    4. ライブ統計
    5. エージェント統計
    6. キャンペーン統計
  11. エージェントの評価

    1.評価報告書

    2.評価レポート(項目)


1。概要 - top

ICTbroadcastは、SMBおよびサービスプロバイダー向けのマルチテナントの音声、SMS、およびFAXブロードキャストソフトウェアソリューションです。 ICTbroadcastには、スマートな自動ダイヤラーとスマートな予測ダイヤラー機能があります。 これにより、サービスプロバイダーは、ユーザーにブロードキャストサービスを提供できます。 VoIPまたはPSTNのいずれかを使用して、数千の同時呼び出しを爆破するように拡張できます。 ICTbroadcastは、ほとんどの音声放送シナリオを処理できます。 シンプルで信頼性が高く、使いやすく、ユーザーフレンドリーなWebポータルで管理できます。

2)役割- top

ICTブロードキャストにはXNUMXつの基本的な役割があります。

I)管理者- top

この役割は、ユーザーの管理、トランクの構成、支払い、新しい宛先の追加、ルートの設定、そして最も重要なことには、ユーザーへの利用可能な拡張機能、DID、チャネルの割り当てなど、システムの全体的なリソースを実際に管理します。

管理人


II)ユーザー- top

この役割により、ユーザーは連絡先、音声録音、キャンペーンのスケジュールを管理できます。 また、ユーザーはさまざまなタイプのキャンペーンを作成して結果/統計を表示することにより、メッセージをブロードキャストし、目的の受信者と対話することができます。

ictschooluser


III)エージェント- top

この役割は、ブラウザにWebRTCベースのVoIP電話を埋め込み、メインサーバーに接続されたままになります。 また、インバウンドおよびアウトバウンドコール、転送コール、DTMFの送信も行います。 エージェントは、単一のアプリケーションからコンテンツ、連絡先にアクセスできます。

3)モード- top

ICTBroadcastは、以下のXNUMXつの操作モードでICTBroadcastのすべての音声ベースのキャンペーンをサポートします。

1.アウトバウンド- top

アウトバウンドは、すべてのICTBroadcastキャンペーンのデフォルトモードです。すべてのICTBroadcast統合自動ダイヤラーは、デフォルトモードとしてアウトバウンドコールを実行し、リモートの宛先に向けてコールを発信し、前述のコールに対して必要な操作とアクションを実行します。例として、調査キャンペーンでは、アウトバウンドコールが生成され、コールが行われるとき回答が得られると、事前に録音された音声ベースの質問が再生され、通話の受信者はDTMFまたは音声録音を介して応答するよう求められ、後でこれらの応答は要約または完全な詳細として管理者に報告されます

2.インバウンド- top

インバウンドモードを有効にすると、すべてのキャンペーンは公開されたDID番号で着信を受信でき、これらのキャンペーンはIVRまたは所定のアクションで応答します。例として、発信者が公開されたDID番号を呼び出して回答するインバウンド調査キャンペーンを実施できます。 IVRは、ユーザーに適切な内線番号を入力して関連する専門家に接続するか、所定の行動を取るように求める音声メッセージを再生する場合があります

3.永久- top

永続モードにはREST APIが必要です。 このモードがアクティブになっていると、キャンペーンは常にリスニングモードのままです。RestAPiを使用して外部アプリケーションから連絡先番号をリアルタイムで受け入れ、その連絡先をキャンペーンの連絡先リストに追加し、その連絡先をリアルタイムで呼び出し、必要なアクションをICTBroadcast Rest APiで実行しますビジネスプロセスを自動化するために使用され、これらのAPIを使用して、サードパーティアプリケーションをICTBroadcastと統合できます。

4)ICTBroadcastのセットアップ- top

ICTBroadcastを構成するには、以下の手順に従います。

1.ユーザーとしてログイン- top

ICTBroadcastでは、ユーザーがユーザー名とパスワードを入力してログインし、「ログイン」ボタンをクリックすることができます。 ユーザーがログインすると、「Logged in successful」というメッセージが表示されます。

2.新しい連絡先を追加- top

ICTBroadcastでは、メニューバーの[連絡先]に移動して新しい連絡先を追加し、[連絡先]ボタンをクリックして、[新規追加]ボタンをクリックします。フォームに、「個人情報」としてフォームに指定された詳細を入力します。 「連絡先アドレス」、「グループ」、「カスタムデータ」、「コメント/備考」、「保存」ボタンをクリックして連絡先を保存します。

3.連絡先グループを追加- top

ICTBroadcastでは、メニューバーの[連絡先]に移動して連絡先グループを追加し、[連絡先グループ]をクリックして、[新規追加]ボタンをクリックします。 フォームが表示され、詳細を「グループの説明」と「連絡先のインポート」と入力します。「保存」ボタンをクリックして連絡先グループを保存します。

4.音声録音を追加- top

このエリアのICTBroadcastを使用すると、録音、SMSメッセージ、ファックス、電子メールドキュメントをアップロードできます。 メッセージ、アンケートの質問、紹介メッセージなどが考えられます。ユーザーが録音をしていない場合。 心配しないでください。システムはユーザーにTTS(テキスト読み上げ)機能も提供します。

5.新しいキャンペーンを作成する top

このエリアのICTBroadcastでは、メニューバーの[キャンペーン]に移動して、新しいキャンペーンを作成できます。 [キャンペーン管理]をクリックします。[新規追加]ボタンをクリックします。最初のキャンペーンが表示されます。作成するキャンペーンを選択してください。


5)ダッシュボード- top

ダッシュボードはシステム監視ページであり、以下に説明するシステム全体の重要なライブ統計を表示します:

ictschoolダッシュ


I)連絡先の電話番号- top

ICTブロードキャストを使用している現在アクティブなユーザーを表示します

II)キャンペーン開​​始- top

開始されたキャンペーンには、アクティブなキャンペーンの数とアクティブなチャネルの総数が表示されます

III)私のアクティブなキャンペーン- top

ダイヤルされた、応答された、失敗したコールの数を含む、キャンペーンの実行のリアルタイムを示します

ダッシュボード


6)キャンペーン- top

ユーザーは、メインメニューバーの[キャンペーン]タブをクリックして、この機能にアクセスできます。 XNUMXつのメニュー項目があります。 それがキャンペーン管理とキャンペーン概要です。 これらXNUMXつについて、以下で説明します。

I)キャンペーン管理- top

ユーザーがキャンペーン管理メニューをクリックすると、次のようなページが開きます。 ここでユーザーはキャンペーン管理のためのさまざまなオプションを持っています。

CAMPAIGN1


新しく追加する: ユーザーは新しいキャンペーンを作成できます(下記の「新しいキャンペーンの追加」を参照) オペレーション: 開始する前に既存のキャンペーンパラメータを変更/編集します。 キャンペーンを手動で開始および停止します。 キャンペーンのライブ通話を監視する 結果について 連絡先を呼び出すデータが入力された、完了した通話の通話統計 選択したボタンを削除: 選択したキャンペーンを削除します

II)新しいキャンペーンを追加- top

ユーザーは次の場所からこのオプションにアクセスできます。

  1. 「キャンペーン」タブをクリックします。
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリックします。
  3. 「新規追加」をクリックします
  4. キャンペーンのタイプを選択します(例:エージェント、IVR、統合)
ユーザーキャンペーン


上の図に示されている各キャンペーンの詳細な概要を以下に示します。 この詳細により、キャンペーンの目的、キャンペーンの作成方法、および入力する必要がある重要なフィールドが強調されます。

a)音声エージェントキャンペーン- top

連絡先リストからのこのタイプのキャンペーンダイヤル番号、および受信者による応答時に、エージェント/外部コールセンター/ IVRシステムに直接コールを転送します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

一般オプション:

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:**

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。 Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。 最大通話時間:**各通話の最大許容時間。 この期間が過ぎると、通話は自動的に切断されます。通話時間がわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始 b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します b)予定時刻に: 選択した日時のキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

エージェントキャンペーン


b)音声インタラクティブキャンペーン- top

このオプションにより、ユーザーはインタラクティブなキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたメッセージを再生し、受信者が目的のキーを押すと、受信者をライブエージェントに転送して、さらにコールを処理します。 ユーザーがこのタイプのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

ボイスメッセージ:

作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。

一般オプション:

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:**

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。 Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。 最大通話時間:**各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始 b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します b)予定時刻に: 選択した日時のキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

インタラクティブな


c)音声IVRキャンペーン- top

これは高度なタイプのキャンペーンです。 このキャンペーンの目的は、メッセージをIVR(インタラクティブ音声応答)の形式でブロードキャストすることです。 インタラクティブ音声応答(IVR)は、音声とキーパッドの入力を使用してコンピューターが人間と対話できるようにするテクノロジーです。このタイプのキャンペーンは、受信者の回答に基づいて、連絡先リストから番号をダイヤルし、IVRメッセージを再生します。受信者からの応答、それはいくつかの操作を実行するか、いくつかの他のメッセージを再生します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 このキャンペーンについて記入する必要がある一般的なパラメータは次のとおりです。

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

IVR:

作成済みのIVRのリストから選択します。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。 Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。 最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が過ぎると、通話は自動的に切断されます。通話時間がわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始 b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを開始します キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

IVR


d)ボイスメッセージキャンペーン- top

このキャンペーンの目的は、音声メッセージを放送することです。 このタイプのキャンペーンでは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたボイスメッセージを再生して電話を切ります。 ユーザーが上の図から「メッセージキャンペーン」を選択した場合。 これにより、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 ユーザーがあらゆるタイプのキャンペーンについて入力する必要がある一般的なパラメーターは次のとおりです。

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

ボイスメッセージ:

作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。

一般オプション:

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:**

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。 Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。 最大通話時間:**各通話の最大許容時間。 この期間が過ぎると、通話は自動的に切断されます。通話時間がわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始 b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します b)予定時刻に: 選択した日時のキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

ボイスキャンペーン


e)音声統合キャンペーン- top

このキャンペーンでは、統合を作成できます。 このキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が回答すると、音声メッセージを再生して一連の質問をし、受信者からの応答(DTMFキーまたは音声応答)を記録し、さらに分析するためのレポートを準備します。 統合キャンペーンでは、管理者は選択キーに基づく質問を作成し、通話受信者がキープレスDTMF機能を使用して応答することを要求したり、通話受信者がメッセージを録音するよう要求する自由回答式の質問を作成したりできます。 記録されたこれらの音声応答(またはフィードバック)は、キャンペーン要約統合レポートの音声応答のリストに表示されます。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

統合オファー: このフィールドを使用すると、統合で質問の数を選択できます。 現時点では、最大10の質問がサポートされています。 ユーザーが質問の数を選択すると、質問フィールドが表示され、記録された質問を選択して、必要な応答を構成できます。

統合の一般的なメッセージ:

このフィールドでは、挨拶メッセージ、オファー終了メッセージ、詳細終了メッセージ、確認メッセージ、ありがとうメッセージ、間違ったメッセージを選択できます。 各メッセージは需要に応じて選択されます。

統合API: このフィールドでは、APIを選択できます。

設定: マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が過ぎると、通話は自動的に切断されます。通話時間がわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

統合ユーザー


f)音声調査キャンペーン- top

このキャンペーンでは、調査と投票を作成できます。 このキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が回答すると、音声メッセージを再生して一連の質問をし、受信者からの応答(DTMFキーまたは音声応答)を記録し、さらに分析するためのレポートを準備します。 調査キャンペーンでは、ユーザーは、通話受信者がキープレスDTMF機能を使用して応答する必要がある選択ベースの質問と、通話受信者がメッセージを録音する必要がある自由回答形式の質問を作成できます。 記録されたこれらの音声応答(またはフィードバック)は、キャンペーン要約調査レポートの音声応答のリストに表示されます。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

キャンペーン名:

識別のためのキャンペーンの名前。

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します

ボイスメッセージ:

作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。

一般的なオプション:

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

調査の質問:

このフィールドでは、ユーザーが調査の質問の数を選択できます。 現時点では、最大4つの質問がサポートされています。 ユーザーが質問の数を選択すると、質問フィールドが表示され、記録された質問を選択して、必要な応答を構成できます。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールするには、次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

音声調査キャンペーン

g)FAXキャンペーン- top

このオプションを使用すると、ユーザーはFAXキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンダイヤル番号は、連絡先リストから取得され、受信者が応答すると、ファックスドキュメントを転送します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

運動 :

識別のためのキャンペーンの名前。

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します

ファックス:

FAXドキュメント:アップロード済みのFAXドキュメントのリストから選択します。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
最大再試行回数:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールするには、次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

FAXユーザー


III)キャンペーンの概要- top

キャンペーンの概要オプションでは、キャンペーンのステータスをグラフで表示できます。 応答済みコール、未応答コール、失敗、未コール、輻輳などが表示されます。

キャンペーン概要1


IV)キャンペーンのデフォルト設定- top

キャンペーンのデフォルト設定では、「基本的なキャンペーン構成」および「キャンペーンのデフォルトパラメータ」に関する詳細をユーザーに提供します。与えられたオプションを選択し、「保存」ボタンをクリックします。

デフォルト



7)連絡先- top

ICTContactにより、ユーザーは連絡先を管理できます。 連絡先は、連絡先グループにグループ化できます。 連絡先は、基本的にダイヤルする電話番号です。 連絡先グループは、複数の宛先/国の電話番号を持つことができます。 ユーザーは、特定のグループまたは連絡先への通話終了のために、地域、国、および宛先を管理することもできます。

I)連絡先グループ- top

次の図は、システムに連絡先グループを作成するための必須フィールドを示しています。

グループの説明:

タイトル:

タイトルにより、ユーザーは異なる連絡先グループを区別できます。

説明:

説明では、役職が十分な意味を持たない場合に連絡先グループをさらに詳しく説明できます。

連絡先のインポート(オプション):

ソースのタイプ:与えられたオプションからソースのタイプを選択します。

連絡先グループ(ユーザー)


II)連絡先- top

連絡先は、電話番号その他の個人情報です。

グループヘッド


新しく追加する:

ユーザーが[新規追加]ボタンをクリックして、特定の連絡先グループの連絡先を入力できるようにします。

個人情報:追加する連絡先の「名」と「姓」を入力します。

連絡先アドレス:連絡先の「電話番号」、「メール」、および「アドレス」を入力します。

グループ:リストですでに利用可能なグループからグループを選択します。

カスタムデータ:カスタムデータを入力します。

コメント/備考:説明にコメントを入力します。

インポート:

このオプションを使用すると、ユーザーは「インポート」ボタンをクリックして、外部テキストまたはCSVファイルから連絡先リストをインポートできます。 外部ファイルの形式は、以下に示すようにCSV(カンマ区切り値)形式である必要があります。

923330000000、名、姓、 email@domain.com、住所、カスタム値1、カスタム値2、カスタム値3、コメント

923331111111、名、姓、 other@domain.com、住所、カスタム値1、カスタム値2、カスタム値3、コメント...

最初のフィールドは必須の電話番号ですが、他のフィールドはオプションです。 つまり、ユーザーは次の形式を使用して連絡先リストを簡単に作成できます。

923300000000 923331111111 ...

重複を見つける:

このオプションを使用すると、ユーザーは重複する連絡先を見つけることができます。

無効を見つける:

このオプションにより、ユーザーは無効な連絡先フォームリストを見つけることができます。 無効な連絡先は、連絡先グループの事前に選択された宛先と一致しない連絡先として定義されます。

III)DNC連絡先- top

DNC連絡先は、ユーザーが呼び出したくない連絡先です。 ユーザーはこのDNCリストを元の連絡先リストに適用でき、DNCリストに存在する連絡先リストからそれらの連絡先をフィルターで除外して削除します。

DNC



8)メッセージ- top

これは、ICTContactの非常に重要な領域です。 拡張機能、トランク、DID、IVR、録音、SMS、ビデオクリップ、電子メールテンプレート、メッセージ/デザイナー、ダイアログ/スクリプト、ファックスを管理できます。 これらのオプションはすべて、ユーザーがキャンペーンを作成する必要がある場合に必要です。 つまり、ユーザーが選択したキャンペーンを作成する場合は常に、最初にメッセージにアクセスして、いくつかの録音、SMSまたはFAXをアップロードする必要があります。ユーザーは、通話を終了するためにトランクを追加する必要があり、ユーザーがDIDを必要とする場合があります。インバウンドキャンペーンなどを作成したい。

I)録音- top

これは、ユーザーが録音をアップロードする領域です。 これらの録音には、メッセージ、調査質問、紹介メッセージなどがあります。ユーザーが録音を持っていない場合。 心配しないでください。システムはユーザーにTTS(テキスト読み上げ)機能も提供します。 録音タイプをテキストに選択し、ユーザーが再生したいテキストを書き込みます。 システムが録音を作成し、そのメッセージが再生されます。 システムはまた、ユーザーがユーザーがアップロードまたはテキストを書き込んだサウンドを再生する機能をユーザーに提供します。

声


a)音声録音の準備- top

必要なサウンドファイルの形式は、8 Khzのサンプリングレート、16ビットのモノラル、およびサポートされているタイプで、wavファイルである必要があります。 ユーザーは、次のいずれかの方法を使用して、8 kHzの16ビットのモノWAVファイルを作成できます。

a。 Microsoft Windows組み込み録音ツール「サウンドレコーダー」

  1. Windowsオペレーティングシステムの[スタート]ボタンをクリックします。
  2. 「すべてのプログラム」をクリックします
  3. 「アクセサリ」をクリックします
  4. 「エンターテインメント」をクリックしてください
  5. 「サウンドレコーダー」をクリックしてください
  6. 開始ボタンと停止ボタンを使用して、マイクで声を録音します
  7. [ファイル]メニューをクリックします
  8. 「名前を付けて保存」をクリックします
  9. 適切なファイル名を入力してください
  10. 「ファイルの種類」をwavファイルとして選択します
  11. [変更]ボタンをクリックして、フォーマットを8kHz 16ビットモノラルに変更します
  12. 保存したファイルを新しい記録としてICTContactにアップロードする

b。 TTS(音声合成)プログラム

espeak、flite、festivalのようなオープンソースソリューション、およびcepstral、ispeech、voiceforgeのような商用ソリューション。 この機能は、フェスティバルTTSプログラムを使用したICTブロードキャストの新しいバージョンに追加されました。 今、ユーザーはテキストを書くだけで、そのオーディオはシステムによって作成されます。

テキスト


c。 オープンソースソフトウェア

オーディオの録音と編集のためのaudacityのようなオープンソースソフトウェア

d。 プロのボイスオーバー

voice123のようなプロバイダーの専門家による専門的なボイスオーバー

II)ファックス文書- top

これは、ユーザーがFAXドキュメントを管理する領域です。 ユーザーは、アップロードされたFAXドキュメントをプレビューすることもできます。

ファックス(FAX)


III)SMSメッセージ- top

これは、ユーザーがSMSメッセージを管理する領域です。 次のフォームはシンプルで、メッセージのテキストタイトル、必要に応じて説明、およびユーザーがブロードキャストするSMSメッセージが必要です。

SMSメッセージでの変数の使用:

SMSでは、ユーザーはSMSの作成中に変数を使用できます。 変数は、顧客固有の情報が必要な場合に役立ちます。 たとえば、SMSで顧客の名前、住所、または電子メールアドレスを使用します。 変数の使用には、次のパターンが許可されています。

[contact:first_name]

これまでのパターンが使用されている場合、連絡先の名がこの場所で置き換えられます。 同様に、[contact:last_name]、[contact:custom1]、[contact:custom2]、[contact:email]などを使用できます。ICTContact連絡先フォームのすべてのフィールドを変数として使用できます。

SMSメッセージ

IV)メールテンプレート- top

ここで、ユーザーは、電子メールブロードキャストキャンペーン用のさまざまな電子メールテンプレートを作成できます。 メールテンプレートは、ユーザーがメールの件名、メール本文、代替メール本文(オプション、受信者がhtmlをサポートしていない場合)、添付ファイル、受信者の名前、メール、連絡先の代わりにカスタム変数を使用できるサンプルメールテキストです情報など。メールテンプレートが完成したら、ユーザーはそれを使用して連絡先リストに送信できます。

テンプレート:

テンプレート名:

キャンペーンフォームに表示されるテンプレートの名前

説明:

テンプレートの説明(オプション)

電子メールのメッセージ:

件名:

ユーザーが連絡先リストに送信したいメールの件名

メッセージ本文:

送信する実際のメッセージ(メール本文)

代替メッセージ:

HTMLタグなしの代替メッセージ(オプション)

添付ファイル:

ファイル/画像:

電子メールで送信する任意の数の添付ファイル。 に ファイルを添付、「ファイルを選択」フィールドから選択し、ページ上部の「保存」ボタンをクリックします。 に 添付ファイルを削除する、選択ボックスをチェックして、ページの上部にある[保存]をクリックします。

電子メールテンプレート

電子メールテンプレートでの変数の使用:

変数は、顧客固有の情報が必要な場合に役立ちます。 次のパターンは、電子メールテンプレートで変数を使用するために許可されています。

[contact:first_name]

これまでのパターンが使用されている場合、連絡先の名がこの場所で置き換えられます。 ICTContact連絡フォームのすべてのフィールドを変数として使用できます(例:[contact:last_name]、[contact:address]など)。さらに、電子メール固有のXNUMXつの追加変数[url_confirm_yes]と[url_confirm_no]を使用できます。

V)IVR- top

IVRはInteractive Voice Responseの略です。 これにより、システムは音声合成または録音されたメッセージを使用してカスタム情報を読み取り、キーパッド入力を検出できます。 IVRを使用して、仮想受付、カスタムの予定の通知、高度な電話調査などのシステムを構築できます。

a)IVR Designer- top

IVR Designerを使用すると、簡単な操作で高度なテレフォニーシステムを作成できます ドラッグアンドドロップインターフェイス。 ユーザーはツールバー領域から任意のアプリケーションを選択し、それをメインの描画領域にドラッグしてドロップできます。 これにより、ドロップした場所にそのアプリケーションが作成されます。 そのドラッグアンドドロップインターフェイスにより、ユーザーはWebブラウザーで音声応答アプリケーションを簡単に作成できます。 IVR Designerのツールバーには、IVRを作成するためのアプリケーションが含まれています。 次に、これらの各アプリケーションについて簡単に説明します。

IVRデザイナー

b)IVRアプリケーションでの変数の使用- top

一部のIVRアプリケーションでは、変数を入力または選択できます。 IVRデザイナーでは、以下で説明する変数を使用するための特定のパターンを許可しています。

[contact:first_name]

これまでのパターンが使用されている場合、連絡先の名が再生されます。 同様に、[contact:last_name]、[contact:custom1]、[contact:custom2]、[contact:email]などを使用できます。ICTContact連絡先フォームのすべてのフィールドを変数として使用できます。 現在、TTS、Say Alpha、Say Digit、Say Number、Say Date、Say Timeの各アプリケーションは、変数の使用をサポートしています。

c)IVRアプリケーション- top

コールアンサー:

通話応答アプリケーションが着信に応答します

回答


電話を切る:

ハングアップアプリケーションは、通話を強制的に切断します。

電話を切る


入力を取得:

IVRから入力要求を取得します。

入力を取得


オーディオを再生:

サウンドファイルを再生します。 設定エリアの録音セクションのサウンドファイルを使用できます。

オーディオを再生する


通話転送:

転送アプリケーションは、アクティブコールをエージェントの指定された電話番号に接続します。 この番号は、ICTContactでは内線番号と呼ばれます。

移転


通話記録:

Recordアプリケーションは、ビープ音で始まり、ユーザーがポンドを押すと終了する録音を作成するか、通話の残りを録音できます。

記録


オプションメニュー:

オプションメニューは、ユーザーからのキーパッド入力を収集するために使用されます。 各メニューノードには、ユーザーにオプションを表示するための少なくともXNUMXつの「再生」ノードと、着信キープレスを処理するためのXNUMXつ以上の「キープレス」ノードが必要です。

オプション


留守番電話検出(AMD):

それは人間であるか機械であるかどうかそれがコールの応答の後で検出します。 次に、この決定に基づいて、ユーザーは任意のアクションを実行できます。

AMD


電話しない(DNC):

DNCアプリケーションは、DNCリストに番号を追加します。

DNC


音声合成(TTS):

TTSアプリケーションでは、ユーザーは音声として再生されるテキストを入力できます。

TTS


アルファと言う:

たとえば、Alphaアプリケーションでは、alphanumberic値を入力するか、変数を選択してその値を再生できます。

アルファと言う


数字を言う:

Say Digitアプリケーションでは、数字を入力するか、変数を選択して、その値を再生できます。

数字を言う


番号を言う:

Say Numberアプリケーションでは、数値を入力するか、変数を選択して、その値を再生できます。

番号を言う


発言日:

日付アプリケーションでは、日付を入力するか、変数を選択してその値を再生できます。

日付を言う


時間を言う:

Say Timeアプリケーションでは、時間を入力するか、変数を選択して、その値を再生できます。

時間を言う


9)マイアカウント- top

I)私のアカウント- top

このフォームには、アカウントのステータス、個人情報、連絡先情報、およびタイムゾーン設定が含まれています。

マイアカウント


II)パスワードの変更- top

ユーザーは、以下に示すように、マイアカウント->パスワードの変更フォームでパスワードを変更できます。

パスワードを変更する


III)支払い- top

ユーザーは、アカウントの支払いリストを更新します。

お支払い一覧


10)レポート- top

I)CDRの概要- top

CDR(コール詳細レコード)サマリは、すべてのキャンペーンで行われた各コールのサマリを示します。 通話詳細レポート(CDR)には、キャンペーン中に行われたすべての通話の詳細、通話時間、費用が表示されます。 CDRリストには、成功したコールのリストが表示されます。 応答されたコールの数と失敗したコールの数を分析して見つけたい場合は、キャンペーン統計が表示されます。 CDRサマリは、キャンペーンのステータスをグラフで表示します。 応答済みコール、未応答コール、失敗、未コール、輻輳などが表示されます。

CDRサマリー1


II)CDR- top

通話詳細レポート(CDR)は、キャンペーンによって行われたすべての通話の詳細、継続時間、および費用を示します。 CDRリストは、成功したコールです。 応答したコールの数と失敗したコールの数を分析して見つけたい場合は、キャンペーンの概要を確認してください。

のCDR


III)キュー統計- top

Queue Statisticsは、コールの処理中にキューに追加された番号のリストを示します。 オフラインエージェント、準備完了エージェント、ビジーエージェント、最大通話数、最大待機時間に関する情報を提供します。

キュー1


IV)ライブ統計

ライブ統計には、現在処理中の通話に関する情報が表示されます。 キャンペーン、エージェント、エクステンション、ステータス、期間、エージェントがログインした時間、エージェントがログインしている時間と操作について表示されます。

ライブ統計


V)エージェント統計

エージェント統計には、各エージェントの全体的な概要が表示されます。 エージェントのログイン時間、ログアウト時間、エージェントが通話に応答するのにかかる時間、およびエージェントについて監視する必要のあるすべてのものが表示されます。 選択した日付の目的のエージェント結果を除外することもできます。

エージェントstat1


VI)キャンペーン統計

キャンペーン統計には、各キャンペーンの詳細が表示されます。 キャンペーン一覧が表示されます。 また、独自のニーズと要件に応じて、目的の結果をフィルタリングすることもできます。

キャンペーン統計


11)エージェント評価- top

エージェント評価レポートには、各内線に関連付けられたCDRの概要が表示されます。 エージェントの通話時間、呼び出し時間、および保留時間が表示されます。 エージェントの評価を通じて、エージェントのパフォーマンスを評価できます。 また、選択した日付の選択したエージェントの望ましい結果を除外することもできます。

評価

I)評価レポート

評価レポートには、エージェントのパフォーマンスのリストが表示されます。 通話時間と各通話のコメントが表示されます。 また、目的のエージェントと目的の拡張子の結果を除外することもできます。 また、結果をエクスポートして印刷するオプションも提供します。

ereport

II)評価レポート(項目)

評価レポート(アイテム)には、フラグが立てられた呼び出しのリストが表示されます。 呼び出しのプロセス中、一度に無制限の呼び出しが行われ、これらの呼び出しにフラグが付けられているほんのわずかの呼び出しを維持することは困難です。


ICT放送チーム

目次へ