音声放送は、多数の人に短時間で連絡する必要がある環境で使用できます(ただし、これに限定されません)。 メッセージは、地域のすべての居住者に集会や学校の閉鎖を知らせるように電話をかけるのと同じくらい具体的である場合もあれば、厳しい天候警報について町全体に警告するほど広いものもあります。

ICTBroadcastは、音声メッセージキャンペーンを作成して音声メッセージをブロードキャストできる音声ブロードキャストソフトウェアです。 ボイスメッセージキャンペーンは、連絡先グループにアップロードされる電話番号に自動ダイヤルします。 受信者が通話に応答すると、そのメッセージが再生されます。 ICTBroadcastは、ポータルですでにアップロードされている録音済みのボイスメッセージを使用します。 ボイスメッセージは(録音.WAVファイルとして)録音するか、テキストファイルからTTS(Text To Speech)エンジンを使用できます。

音声ブロードキャストキャンペーンが完了した後、または実行中のキャンペーン中にも、誰が応答したか、および失敗したコールについて、キャンペーンの概要と統計が記録されます。 回答済みおよび失敗した連絡先はCSVファイルとしてエクスポートでき、他のメッセージ(または同じメッセージを再度)のブロードキャストに使用できる新しい連絡先グループを作成するために使用できます。

どういう仕組みで、どうすればいいのですか?

このタイプのキャンペーンでは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたボイスメッセージを再生して電話を切ります。 ユーザーが上の図から「メッセージキャンペーン」を選択した場合。 これにより、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 ユーザーが音声キャンペーンのために記入する必要がある一般的なパラメーターは以下のとおりです。

音声放送ソフトウェア
キャンペーン名:
識別のためのキャンペーンの名前
コンタクトグループ:
このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。
キャンペーンモード:
「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。
ボイスメッセージ:
作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。
紹介メッセージ:
このフィールドを有効にすると、キャンペーンマネージャーは紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。
DNC(Do Not Call)アクション:
DNCを有効または無効にできます。 無効にすると、アクションは実行されません。 有効にすると、DNCアクションのキー「9」が設定されます。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。
AMD(Answering Machine Detection)アクション:
無効にすると、留守番電話は無視されます。 切断を選択すると、AMDが検出された場合は検出され、切断された場合は通常どおり続行されます。 XNUMX番目のオプションはメッセージを残すことです。見つかった場合はAMDを検出し、別のメッセージを再生して切断します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。
設定:
マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。
発信者ID:
発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します
キャンペーンスケジュール:
キャンペーンの開始:キャンペーンの開始をスケジュールするには、次のオプションがあります
a)即時:作成直後にキャンペーンを開始する
b)予定時刻に:選択したデータと時刻にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止:次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時:すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に:選択したデータと時刻でキャンペーンを停止します

キャンペーンを開始するには、トップメニューの[保存]ボタンをクリックしてください。