ICTイノベーションは、コールセンターとエージェントのサポートに別の素晴らしい機能をもたらします! ウェブ電話。 ICTAgentは音声、SMS、FAXおよび電子メール通信技術をサポートしますが、ここでは音声通信についてのみ説明します。

何が WebPhone? エージェントはどのように役立ちますか?Web電話は、エージェントがブラウザを使用するだけで電話を受信できるWebRTCベースの電話で、追加のハードウェアやソフトウェアは必要ありません。

エージェント用の統合Web電話を提供します。 転送されたコールを受信できるだけでなく、エージェントが次のアクションを実行できるようにします。

-ポップアップに連絡先の詳細をロード/ CRMLoadキャンペーンスクリプト
-通話転送
-エージェントのステータスを利用可能/利用不可に設定
-CAMPAIGN DIALOGUE /スクリプト

Webphoneでは、キャンペーンスクリプト/ダイアログをカスタマイズできます。 見込み客ごとにキャンペーンスクリプト/ダイアログを表示するオプションが提供されます。 エージェントは、ダイアログ付きのキャンペーンを作成することにより、この機能を使用できます。

次の方法で対話を作成できます。

1.ダイアログを作成

ICTCRMで、[メッセージ]メニューに移動し、[ダイアログ/スクリプト]メニューを選択します

[新規作成]をクリックします
すべてのフィールドに入力して、[保存]をクリックします
注:ユーザーはトークンを使用して動的/カスタマイズされたダイアログを作成できます。ダイアログにトークンを追加するには、[利用可能なトークンを表示]をクリックしてください

2.エージェントキャンペーンを作成する

ICTCRMは、2つのキャンペーンでWebPhoneの統合を提供します。 エージェントキャンペーンやインタラクティブキャンペーンで使用できます。

これらのキャンペーンを構成するには、以下の手順に従う必要があります。

POPUPの連絡先/ CRM URL

インタラクティブキャンペーンとエージェントキャンペーンでWebphone機能を利用できます。

Web電話、エージェントキャンペーン、インタラクティブキャンペーンを使用して、エージェント画面でポップアップをトリガーするように構成できる場合、同じURLがCRMまたは他の連絡先プロバイダーアプリをポイントする必要があります。 次の図に示すように、URLを[連絡先URL]フィールドで構成できます。さらにユーザーがトークンに連絡して連絡先URLを作成することもできます。

対話

独自のダイアログ/スクリプトの作成は、いくつかのステップで実行できます

対話はエージェントとインタラクティブキャンペーンに固有です。これらのキャンペーンでは、[対話] / [スクリプト]のオプションが[全般オプション]セクションに表示され、ユーザーはここで最近作成した対話を選択できます。

WEBPHONEの使用

ユーザーは、上部の[エージェントパネル]ドロップダウンから目的の内線番号を選択して、統合されたWebphoneにアクセスすることもできます。

エージェントステータスの設定

ICTCRMには、エージェントのステータスも変更するオプションがあります。
ステータスボタンをクリックすると、エージェントのステータスを設定できます。 ステータスを利用可能にするか、残すかを設定できます

注:転送可能なコールを受信できるのは対応可能なエージェントのみです

通話転送

コール転送ボタンをクリックして目的の内線番号を選択することにより、コールを目的の内線番号に転送できるため、通話の転送は問題になりません。

ロードコンタクト

連絡先の読み込みをクリックすると、プロスペクトの詳細を表示および編集できます。
ポップアップURLとは異なりますのでご注意ください。 ポップアップの代わりに、現在のウィンドウをICTCRMの内部連絡先レコードにリダイレクトし、ユーザーはそれに応じて編集/更新できます。

キーパッド/ DTMF

エージェントにwebphoneを操作するための便利なキーが提供されます。
エージェントがさまざまな目的で使用できる使用可能なキーシーケンスのリストを以下に示します。ハングアップの場合は* 0を押します。

コール転送の場合、#1を押してから、ターゲットの内線番号を代わりに入力します(キーを押さなくても)。エージェントは、転送のドロップダウンボタンからターゲット番号を選択できます。

在席転送の場合、#2を押してからターゲットの内線番号を押します