最近ICT Innovationsが統合アドオンをリリースしました。統合アドオンにより、ICTBroadcastの管理者/ユーザーは、プッシュ関連のイベントやプッシュコールステータス/ Webフック通知とも呼ばれるリモートシステム/サードパーティアプリケーションに通話関連のイベントを投稿または送信するキャンペーンを構成できます。 ICTBroadcastは、サードパーティのAPIを使用してリモートシステムと通信できます。 ICTBroadcastユーザーは、通話トークンと連絡先トークンを使用して動的な統合を作成できます。

現在、ユーザーはIVRとの統合を使用でき、コールの終了(プッシュコールステータス)も統合キャンペーンで使用できます。

以下は、統合アドオンに関する説明です。

プッシュコールステータスとしての統合

IVRとの統合


統合を作成する

統合を作成するには、次の手順を実行します。

  • 選択する メッセージ ICTBroadcastトップメニューから
  • をクリックしてください 統合

次のようにフォームに入力します

  • 統合名
  • 統合の説明
  • 統合タイプ

慊つキツ。

現在、XNUMXつの統合プロトコルが利用可能です。 SOAP WSDLHttp。 以下で説明するように、各プロトコルには異なる構成のセットが必要です。

カスタムHttpリクエスト

HttpプロトコルはREST、GET / CurlまたはカスタムHttp POSTリクエストをカバーします

設定

リモートURL

リモートアプリケーションまたはAPIへのURL。ユーザーは、availableを使用してこのフィールドを作成/カスタマイズできます トークン.

Httpメソッド

XNUMXつの異なるHttpメソッドを使用できます。ユーザーは、リモートアプリケーションの要件に従って適切なメソッドを選択する必要があります

  • のGET
  • POST
  • PUT
  • DELETE

リクエストデータ

Httpリクエストのデータまたは本文を投稿します。ユーザーは、availableを使用してこのフィールドを作成/カスタマイズできます トークン。 さらに、フォーマットされたテキストを使用することができます。 すなわち XML or JSONの

注:エンコードされたテキストの場合、リモートアプリケーションで必要な場合は、ヘッダーフィールドに必要なヘッダーを含めることを忘れないでください。

リクエストヘッダー

たとえば、リモートアプリケーションがリクエストに特定のヘッダーを必要とする場合 承認, Cookieについて など...それらはこのフィールドに追加できます。

注:必ず各ヘッダーを別々の行に入力してください。 例えば

承認:基本的なQWxhZGRpbjpvcGVuIHNlc2FtZQ == Cookie:$ Version = 1; スキン=新品;

応答エンコーディング

応答に使用できる形式(現在は使用されていません)

SOAP WSDL APIリクエスト

統合のためのSOAPおよびWSDLベースのインターフェース。以下の構成オプションがあります

設定

WSDL URL

SOUPサービスの有効なwsdlアドレス

SOAPアクション

呼び出すSOAPメソッド

石鹸パラメータ

soapパラメータのリストは、名前と値のペアとして指定できます。値フィールドでは、どちらのユーザーも選択できます。 トークン またはカスタム値を入力できます。

統合管理

パーミッション

統合モジュールと機能は、このモジュールの権限を持つユーザーのみが使用できます。 管理者は統合モジュールのユーザー権限を割り当て/割り当て解除できます ユーザー管理 - > パーミッション または役割管理->権限から。