SP EditionとEnterprise Editionの違いは何ですか?

2つのエディションの違いは、 SP Editionに含まれるもの

*お支払い

*請求システム

*ブランディング/ホワイトラベル

  • CDRレポート

ICT Broadcastの企業はこれらの機能が含まれていませんが。 SP Editionはサービスプロバイダであり、世界中の見込み顧客および企業に独自のオンラインサービスを提供できるサービスプロバイダ向けです。 Enterpriseエディションは、企業自体、製品のマーケティング、従業員とのコミュニケーション、販売プロセスの管理、および組織の最新情報による顧客の更新など、個人のテレマーケティングニーズに対応するためのものです。 ICT Broadcastはあらゆる種類のビジネスに適しています。

応答コールを外部コールセンターのキューに転送する方法

リモート/外部コールセンター

1.キューを作成し、要件に従ってエージェントを追加します。
2.追加の拡張子を作成し、この拡張子がキューにアクセスできることを確認します

ICT放送システムについて

1.管理者としてログイン
2. administration => agents / extension =>新規追加をクリックしてください。
3.転送を有効にし、ホスト名、ユーザー名、パスワードなどの内線(リモートシステムで作成された)パラメータを入力し、(電話/内線番号)として(リモートシステムからの)キュー内線番号を入力します。
4. [管理]→[ユーザ管理]→[内線番号の割り当て]の順にクリックし、それに応じて内線番号をユーザに割り当て/割り当て解除します。
5. [キャンペーン] => [新規追加] => [インタラクティブキャンペーン]をクリックして、新しいインタラクティブキャンペーンを作成します。
6.外部キューに設定されているキャンペーン関連のパラメータと選択した拡張子を入力します。

関連性のあるコンテンツ

ICTBroadcastのインストールのためのシステムの準備方法

基本的なハードウェア要件

以下は、あなた自身の放送プラットフォームをセットアップするための最小要件です

1.サーバーマシンデュアルコア3.0 Ghz以上、4 GB RAM最小
2.オペレーティングシステムCentOS 7.xとsshのrootアクセス
3.トランク/ゲートウェイ音声およびFAX送信のための卸売りのVoIP会社の口座

ICTBroadcastインストールのためにLinuxサーバーをセットアップするには2つのオプションがあります

a)プリミスサーバの場合

1.最新バージョンのCentOS 7.x ISOイメージをhttp://wiki.centos.org/からダウンロードし、DVDに書き込む
2.下記の手順に従ってCentOS 7.xをインストールします

CentOS 6.xの場合

ページ