追加機能とバグ修正とICTBroadcastのバージョン3.3がリリースされ

我々は、がICTBroadcast追加機能とバグ修正バージョン3.3がリリースされた発表しています。新しいリリースでは、CDRレポート、ロール管理、キャンペーンとREST APIを開始する前に、低バランスにキャンペーン、自動同時チャネル減少、メディアの検証を開始する時間ベースの制限のバグ修正が含まれています。

などの新機能の追加は、任命のメモキャンペーン、メッセージ設計カスタマイズされた音声メッセージのため、ユーザーのリソース管理、サーバ監視のサポート(monitの)、ケプストラムTTSエンジンのサポートを含む場合、フェールオーバーをサポートし、キャンペーンを繰り返し、SSLサポート、簡単にインストールするためのインストールGUIおよびCentOSの6.xのためのRPMリリース

任命のメモキャンペーン

アポイントメントのリマインダーキャンペーンは連絡先リスト内のすべての連絡先への督促電話をかけ。アポイントメントのリマインダーキャンペーンは個人リマインダとグループ通知をサポートしています。個々のリマインダーでは、ダイヤルされたすべての連絡先が異なる任命スケジュールの時間をいただく場合があります。個々のリマインダの例は、各患者/クライアントは、会議のために異なるタイミングを持って医師の任命や弁護士の任命されています。場所など、グループの通知に、人々のグループは、キャンペーンのスケジュール時間に応じてダイヤルされます。グループの予定の例としては、研修参加者やトレーニングやクラスの生徒のすべてのメンバーがトレーニングセッション/クラスの同じ時間があるクラス/学校学生です。

カスタマイズされたボイスメッセージのメッセージデザイナー

メッセージデザイナは、コールがいくつかの人が受信したときに再生することができ、複雑なテレフォニーボイスメッセージを作成することができます。これは、音声録音、音声にテキスト、音声にアルファベット、数字、スピーチの桁、日付とスピーチの時間に参加することができます。また、リマインダーコールの応答を取得するアプリケーションが含まれています。

ユーザー·リソース管理インターフェイス

ユーザー·リソース管理インタフェースはキャンペーンを実行するユーザーのためのタイムスロットと平日を設定することができる。この機能では、キャンペーンを開始する時間ベースの制限を可能にします。

調査におけるオープンエンドの質問

オープンエンドの質問は音声応答は、コールの受信者から要求されている調査では、質問を追加することができます。通常、音声調査では、コールの受信者は、調査の質問の答えの選択肢に応じて、いくつかのDTMFキーを押します。しかし、オープンエンドの質問は、コール受信者が調査の質問への応答で話すことができるようになります。コール受信者の声が質問への答えとして記録されます。ユーザーからのフィードバックが必要とされる質問のこのタイプは便利です。そのような質問は、通常、調査の最後の質問です。

メディア/通話録音(モニタリング)レポート追加

今ICTBroadcastユーザーは、コールステータスを表示詳細レポートは、メディアレポートを呼び出すことができます。コールが発信されたとき、それが受信され、呼び出したときに完了した場合、コール詳細レポートには、表示されます。それはまた、多くの特定の呼び出しコストが表示されます。

このリリースに含まれるその他の重要な特長を以下に示します:
* マルチロールのサポートが追加された
* ロール管理(許可、リソース)
* "閉じる/終了"のメッセージをサポートして追加された
* サーバ監視のサポートが追加された(monitの)
* キャンペーンとユーザー賢明CDRレポート/レポートの機能強化
* キャンペーンとロールの管理のための新しいREST APIを
* 簡単にインストールするためのインストールGUI
* CentOSのバージョン6.xのためのRPMリリース
* 新しいTTSエンジンケプストラムのサポートが追加された
* SSLのサポートが追加されました
* フェイルオーバーのサポートを追加
* キャンペーンの開始前にメディア/メッセージの検証
* 監視/記録のサポートコールが追加されました
* メッセージとして送られ録音用レコーディングスタジオが追加されました
* 低バランスに自動同時チャネル制御(減少)
* キャンペーンリピートのサポートが追加された