ICTBroadcast自動ダイヤラーでのHLRサポート、音声放送ソフトウェア

ICTブロードキャストにおけるHLRサポート

ICTブロードキャストは、ユーザーがルーティングで* LCR **技術を実装するのを容易にします。 ** LCR **の同義語最小コストルーティングは、通話をルーティングする最も安価な方法を見つけるプロセスです。これは、アウトバウンドとインバウンドの通信トラフィックの最も経済的な経路を分析して選択するプロセスです。利用可能なネットワークのプレフィックスを追加することにより、ICTブロードキャストでLCRを構成することができます。番号がダイヤルされると、ICTBroadcastは、最も経済的な料金で番号と同じプレフィックスを持つルートを選択します。

ただし、番号ポータビリティの場合、LCRを実装することはできません。そのような場合、CNAMEモジュールはソリューションを提供します。 ** CNAM クエリは、その情報ルートに基づいて OCN **を介してその番号に関する情報を取得します。

ICTBroadcast設定で構成されたプロバイダへのCNAMEクエリ。プロバイダは** SS7 にアクセスして、 OCN **から番号に関する情報を提供します。 ** SS7 **は、受信シグナリングメッセージを受信して​​宛先に配信することを目的とした一連のテレフォニーシグナリングプロトコルです。サードパーティのAPIは情報を取得するのに役立ちますが、設定中にこのAPIのURLを追加する必要があります。

sip dialer

CNAMプロバイダを設定する

ICTブロードキャストは、連絡先リストを扱う際に、所定の電話番号に対して元のネットワークオペレータを決定しなければならない。これは、これらの必要な情報、すなわちOCNを提供するCNAMクエリによって行うことができる。 CNAMプロバイダは、[Administration]、[System Configuration]メニューから設定できます。

以下は必須フィールドの詳細です。

有効:
CNAMクリエーティブを有効または無効にする
SS7プロバイダー:
プロバイダタイプを選択
有効期限(秒):
ICTBroadcastが保存/キャッシュされたCNAMデータを再利用できる期間
API URL:
APIインターフェイスへのURL
APIキー:認証キー(オプション)注:プロバイダーによっては、apiキーまたはユーザー名とパスワードの組み合わせを使用する
APIユーザー名:
APIのユーザー名(オプション)
APIパスワード:
APIのパスワード(オプション)
電話プレフィックス:
APIプロバイダが特定の形式の電話番号を必要とする場合、ICTBroadcastはCNAMデータを要求する前にこのフィルタを電話番号に適用します。

リングレスメールのドロップ

ICTブロードキャストルーティングの仕組み