宛先ベースのタイムゾーン制限

ICTBroadcastタイムゾーン制限の詳細については、こちらをご覧ください。 タイムゾーンベースの連絡先通話

デフォルトでICTBroadcastは、アウトバウンドコール/キャンペーンのタイムゾーンベースの制限を許可します。 ユーザーは、割り当てられたタイムゾーン中にアウトバウンドコールを発信できます。 この(デフォルトの)機能は、ユーザーのタイムゾーンを使用して、許可されるタイムスロットを計算します。 新しい変更により、ICTBroadcastはタイムスロットの計算に市外局番/宛先タイムゾーンを使用できるようになりました。 これにより、ICTBroadcastは、ユーザーと宛先の両方のタイムゾーンに基づいて通話を制限できます。

宛先タイムゾーン

使用法

ユーザーはICTBroadcastの宛先を維持する必要があります。 そうしないと、システムが望ましくない結果を生成する可能性があります。宛先のタイムゾーンを更新するには、[お支払い]-> [宛先]にアクセスし、必要な宛先をすべて編集してください。 各宛先に対して適切なタイムゾーンを選択します。

キャンペーンスケジューリングによるスケジューリング