ICTBroadcastは、ICTBroadcast Service Providerエディションの新しい請求モジュールをリリースしました。 このモジュールは WHMCS オートダイヤラーサービスのクライアント管理および請求のフロントエンドとして使用されます。WHMCSシステムと統合すると、ウェブサイト、パッケージリスト、自動注文、アカウントプロビジョニングなどの放送サービスに完全なビジネスプラットフォームを提供できるようになります。 以下は、いくつかの請求シナリオです。 音声、ファックス、SMS、電子メール放送用のICTBroadcast ビジネス。

  • あなたが行くように支払う
  • 毎月のサブスクリプション
  • 使用割り当て
  • アカウントの補充

ICTBroadcast SPをすでに使用しているサービスプロバイダーは、この統合をセットアップして、ホワイトラベルサービスを完全に自動化できます。 新しいサービスプロバイダー向けのリンクは、それを説明するガイドへのリンクです 独自のオンラインビジネスを開始して、音声、ファックス、SMS、または電子メールのブロードキャストサービスを提供する方法 ICTBroadcast Service Provider Editionを使用することにより、このモジュールとICTBroadcastおよびWHMCSを組み合わせることで、目的が非常にシンプルになります。 必要なすべてのセットアップをXNUMX日以内に確立でき、ビジネスを立ち上げる準備が整います。このモジュールが既存のICTBroadcastプラットフォームに導入する機能の詳細を以下に示します。

サービスの自動プロビジョニング

ユーザー登録から注文チェックアウトまで、フロントエンド統合(WHMCS)はオンライン決済を含むすべてのものを処理します。 管理者からの対話が不要な場合、支払いの確認後、フロントエンドモジュールはユーザーの新しいICTBroadcastアカウントをセットアップし、ICTBroadcastログインアクセスを含むすべての必要な詳細をそのユーザーにメールで送信します。

パッケージのカスタマイズ

バルククライアントに異なる料金を請求する、またはクライアントが要件と予算に従って異なるパッケージを選択する選択肢を提供することは、非常に一般的なビジネスモデルです。 WHMCSとICTBroadcastの統合により、ビジネスオーナー/システム管理者は、独自のビジネスモデルに従って複数のパッケージを設計および提供できるようになります。 新しいパッケージを作成する間、管理者はICTBroadcastから利用可能なリソースと、パッケージ購入者に対するそれらの制限を決定できます。 さらに管理者がサブスクリプションの期間を決定し、サブスクリプションのコストを定義できます。 以下は、パッケージ管理からカスタマイズできる機能のリストです。

料金プラン

VoIPプロバイダーと同様に、ICTBroadcastの管理者はすでに複数の料金プランを定義して、バルクユーザーに比較的低い通話コストを提供できます。 WHMCS統合により、管理者はこれらの料金プランをサブスクリプションパッケージにリンクできます。 特定のパッケージに加入しているユーザーは、その料金プランに従ってのみ課金されます。 すべての発信コールはそれに応じて請求されます。

チャンネル数

パッケージでは、同時チャネルの許容数を指定できます。 このフィールドに入力した番号は、発信同時通話の上限として機能します。 ICTBroadcastでは、アクティブなキャンペーンの数に関係なく、ユーザーはいつでもその制限を超えることはできません。

無料クレジット/分

無料クレジットが嫌いな人は誰ですか? みんなしている。 ICTBroadcastを使用すると、管理者は選択したパッケージに無料のクレジット/分の割り当てを割り当てることができます。 パッケージによっては、この割り当てが残っているか、更新/毎月の支払い後にリセットされる場合があります。

ワンタイムコスト/セットアップ料金

無料登録が好きな人も、必要なものを支払う人もいます。 しかし、管理者は、ビジネスコストを満たすために、新規サインアップに事前コストを適用する必要がある場合があります。 WHMCSでは、XNUMX回限りの料金オプションでそれを実現できます。

更新と定期支払い

または、XNUMX回限りの料金に。 管理者は、指定した期間(毎月、四半期など...)後に更新する必要があるパッケージを定義することもできます。 これらのパッケージの場合、システムは請求書を自動的に生成し、残りのメールは期限までにクライアントに送信されます。 クライアントが会費の支払いに失敗した場合、サービスを一時停止することができ、指定された日数後にサブスクリプションを取り消すことができます。

アカウントトップアップ(プリペイドクレジット)

場合によっては、次に記載されているパッケージとは異なり、クライアントはアカウントの補充/再充電が必要になることがあります。 そのため、管理者は個別のトップアップパッケージを作成できます。 このようなパッケージのユーザーアカウントを購入すると、それに応じてICTBroadcastにクレジットされます。

パッケージのアップグレード/ダウングレード

クライアントがパッケージを変更したい場合は、パッケージをアップグレードまたはダウングレードする必要があります。 彼は、選択したパッケージでパッケージを切り替えるように管理者に要求できます。 ICTBroadcastは、すべてのユーザーデータをそのまま維持しながら、この変更を適宜調整します。

他のクライアント管理関連機能に興味がある場合は、次のWebサイトをご覧ください このリンク.

--

インターネットテレフォニーサービスプロバイダー(ITSP)になる方法

ITSPになる方法を知るには、ここをクリックしてください

ホールセールVoIPプロバイダーを選択する方法

ホールセールVoipプロバイダー(sip終端)を選択する方法を知るには、ここをクリックしてください

お願いします 当社までご連絡ください。 質問がある場合やヘルプ/見積もりが必要な場合は、ライブチャットオプションを使用することもできます