以下は、予測ダイヤラ機能を備えたキャンペーンを開始する前に完了する必要がある手順です。 キャンペーンを開始する手順(管理者向け)

予測キャンペーンを開始するために必要な手順

1.エージェント拡張機能の作成2.キュー/スキルグループの作成3.新しく作成したエージェント/キュー(スキルグループ)を目的のユーザーに割り当てます4.エージェントを新しく作成したキューに関連付けます5.録音を作成します(エージェントキャンペーンには不要)6.連絡先を作成しますグループ7.連絡先のアップロード8.エージェント/インタラクティブキャンペーンの作成と起動詳細については、ユーザーガイドをお読みください

エージェントが通話を管理するための手順

1.エージェントパネルにログイン2.エージェントのステータスを準備完了に変更モードの詳細については、エージェントガイドをお読みください エージェントキャンペーンの作成方法

このタイプのキャンペーンダイヤル番号は、連絡先リストから取得され、受信者が応答すると、直接エージェントに転送されます。 コンタクトグループ: このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。 対話/脚本: 各見込み客/電話ごとにカスタマイズされたエージェントの読み取り 連絡先URL: エージェントポップアップのURL、連絡先を提供するポップアップ エージェント拡張: ユーザーは、ターゲットキュー/スキルグループを選択する必要があります。ここで、関連するエージェントがログインします。詳細については、ICTBroadcastのユーザーガイドをご覧ください。

インタラクティブキャンペーンの作成方法

このオプションにより、ユーザーはインタラクティブなキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたメッセージを再生し、受信者が目的のキーを押すと、受信者をライブエージェントに転送して、さらにコールを処理します。 このタイプのキャンペーンダイヤル番号は、連絡先リストから取得され、受信者が応答すると、直接エージェントに転送されます。 コンタクトグループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。 メッセージの録音: 見込み客/通話に応答した後に再生する必要があるメッセージ 対話/脚本: エージェントのスクリプト、見込み客ごとにカスタマイズ/連絡先URLを呼び出す:エージェントポップアップのURL、エージェントに連絡先情報を提供するポップアップ 必要な入力キー: キーを選択し、そのキーを押すと見込み客がエージェントに転送されます エージェント拡張: ユーザーはターゲットキュー/スキルグループを選択する必要があります。関連するエージェントはRgardingにログインしています詳細/その他のフィールドはICTBroadcastのユーザーガイドを確認してください

ICTBroadcastは、統合自動ダイヤリングソフトウェアの機能で、高度な予測ダイヤリング機能を備えています。以下は、予測ダイヤラー機能でキャンペーンを開始する前に完了する必要がある手順です。