ICTBroadcast SPエディション

バージョン: 4
最終更新日:20 / 08 / 2019
投稿者: ICT放送
Eメールアドレス: info@ictbroadcast.com

管理ガイド

ICTブロードキャストをご購入いただき、誠にありがとうございます。 このヘルプファイルの範囲を超える質問がある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にメールでお問い合わせください。 こちら。 本当にありがとう!

目次

  1. 概要
  2. 役割

    1. 管理者
    2. ユーザー
    3. エージェント
  3. モード

    1. 本国行きの
    2. 外国行きの
    3. 正社員
  4. ICTBroadcastのセットアップ

    1. ユーザーとしてログイン
    2. 新しい連絡先を追加
    3. 連絡先グループを追加
    4. 音声録音を追加
    5. 新しいキャンペーンを作成します。
  5. ダッシュボード

    1. ダイヤルされた連絡先
    2. キャンペーン開​​始
    3. 私のアクティブなキャンペーン
  6. キャンペーン

    1. キャンペーン管理
    2. 新しいキャンペーンを追加

      1. 声=>メッセージキャンペーン
      2. 声=>エージェントキャンペーン
      3. 声=>インタラクティブキャンペーン
      4. 音声=>インバウンドキャンペーン
      5. 声=>調査キャンペーン
      6. 音声=> IVRキャンペーン
      7. 音声=> AppointmentReminderキャンペーン
      8. 声=>統合キャンペーン
      9. FAXキャンペーン
      10. SMSキャンペーン
      11. メールキャンペーン
  7. 連絡先情報

    1. 連絡先グループ
    2. 連絡先情報
    3. DNCの連絡先
  8. メッセージ

    1. レコーディング

      1. 音声録音の準備
    2. FAXドキュメント

    3. SMS
    4. 電子メールテンプレート
    5. IVR

      1. IVR Designerの概要
      2. IVRアプリケーションの作成

    6.メールのフッター

  9. 請求について

    1. 地域
    2. ヶ国
    3. 目的地
    4. 価格表
    5. 料金プラン
    6. ルート
    7. 支払い
  10. 管理

    1. ユーザー管理プラットフォーム

      1. リソースを割り当てる
      2. 拡張子を割り当てる
      3. DIDを割り当てる
      4. アクセス番号を割り当て
      5. ユーザーの作成
    2. エージェント/拡張機能

    3. ゲートウェイ

    4. 音声トランクの設定

    5. ファックストランクの設定
    6. SMSトランクの構成
    7. 電子メールトランクの設定

    8. インバウンドDID

    9. システム構成
  11. マイアカウント

    1. マイアカウント
    2. パスワードの変更
    3. ライセンスのアップグレード
  12. レポート

    1. 概要
    2. CDRの概要
    3. のCDR
    4. ライブ統計
    5. エージェント統計
    6. キャンペーン統計
  13. エージェントの評価

    1.評価報告書

    2.評価レポート(項目)

  14. その他

    1. DNC
    2. AMD

1。概要 - top

ICTbroadcastは、SMBおよびサービスプロバイダー向けのマルチテナントの音声、SMS、およびFAXブロードキャストソフトウェアソリューションです。 ICTbroadcastには、スマートな自動ダイヤラーとスマートな予測ダイヤラー機能があります。 これにより、サービスプロバイダーは、ユーザーにブロードキャストサービスを提供できます。 VoIPまたはPSTNのいずれかを使用して、数千の同時呼び出しを爆破するように拡張できます。 ICTbroadcastは、ほとんどの音声放送シナリオを処理できます。 シンプルで信頼性が高く、使いやすく、ユーザーフレンドリーなWebポータルで管理できます。

ICTブロードキャストの準備方法

音声エージェントキャンペーン

2)役割- top

ICTBroadcastは、管理者、ユーザー、およびエージェントの役割をサポートしています。

I)管理者- top

この役割は、ユーザーの管理、トランクの構成、支払い、新しい宛先の追加、ルートの設定、そして最も重要なことには、ユーザーへの利用可能な拡張機能、DID、チャネルの割り当てなど、システムの全体的なリソースを実際に管理します。

管理ポータルのログイン画面

II)ユーザー- top

この役割により、ユーザーは連絡先、音声録音、キャンペーンのスケジュールを管理できます。 また、ユーザーはさまざまなタイプのキャンペーンを作成して結果/統計を表示することにより、メッセージをブロードキャストし、目的の受信者と対話することができます。

ユーザーポータルのログイン画面

III)エージェント- top

この役割は、ブラウザにWebRTCベースのVoIP電話を埋め込み、メインサーバーに接続されたままになります。 また、インバウンドおよびアウトバウンドコール、転送コール、DTMFの送信も行います。 エージェントは、単一のアプリケーションからコンテンツ、連絡先にアクセスできます。

3)モード- top

ICTBroadcastは、以下のXNUMXつの操作モードでICTBroadcastのすべての音声ベースのキャンペーンをサポートします。

1.アウトバウンド- top

アウトバウンドは、すべてのICTBroadcastキャンペーンのデフォルトモードです。すべてのICTBroadcast統合自動ダイヤラーは、デフォルトモードとしてアウトバウンドコールを実行し、リモートの宛先に向けてコールを発信し、前述のコールに対して必要な操作とアクションを実行します。例として、調査キャンペーンでは、アウトバウンドコールが生成され、コールが行われるとき回答が得られると、事前に録音された音声ベースの質問が再生され、通話の受信者はDTMFまたは音声録音を介して応答するよう求められ、後でこれらの応答は要約または完全な詳細として管理者に報告されます

2.インバウンド- top

インバウンドモードを有効にすると、すべてのキャンペーンは公開されたDID番号で着信を受信でき、これらのキャンペーンはIVRまたは所定のアクションで応答します。例として、発信者が公開されたDID番号を呼び出して回答するインバウンド調査キャンペーンを実施できます。 IVRは、ユーザーに適切な内線番号を入力して関連する専門家に接続するか、所定の行動を取るように求める音声メッセージを再生する場合があります

3.永久- top

永続モードにはREST APIが必要です。 このモードがアクティブになっていると、キャンペーンは常にリスニングモードのままです。RestAPiを使用して外部アプリケーションから連絡先番号をリアルタイムで受け入れ、その連絡先をキャンペーンの連絡先リストに追加し、その連絡先をリアルタイムで呼び出し、必要なアクションをICTBroadcast Rest APiで実行しますビジネスプロセスを自動化するために使用され、これらのAPIを使用して、サードパーティアプリケーションをICTBroadcastと統合できます。

4)ICTBroadcastのセットアップ- top

ICTBroadcastを構成するには、以下の手順に従います。

1.ユーザーとしてログイン- top

ICTBroadcastでは、ユーザーがユーザー名とパスワードを入力してログインし、「ログイン」ボタンをクリックすることができます。 ユーザーがログインすると、「Logged in successful」というメッセージが表示されます。

2.新しい連絡先を追加- top

ICTBroadcastでは、メニューバーの[連絡先]に移動して新しい連絡先を追加し、[連絡先]ボタンをクリックして、[新規追加]ボタンをクリックします。フォームに、「個人情報」としてフォームに指定された詳細を入力します。 「連絡先アドレス」、「グループ」、「カスタムデータ」、「コメント/備考」、「保存」ボタンをクリックして連絡先を保存します。

3.連絡先グループを追加- top

ICTBroadcastでは、メニューバーの[連絡先]に移動して連絡先グループを追加し、[連絡先グループ]をクリックして、[新規追加]ボタンをクリックします。 フォームが表示され、詳細を「グループの説明」と「連絡先のインポート」と入力します。「保存」ボタンをクリックして連絡先グループを保存します。

4.音声録音を追加- top

このエリアのICTBroadcastを使用すると、録音、SMSメッセージ、ファックス、電子メールドキュメントをアップロードできます。 メッセージ、アンケートの質問、紹介メッセージなどが考えられます。ユーザーが録音をしていない場合。 心配しないでください。システムはユーザーにTTS(テキスト読み上げ)機能も提供します。

5.新しいキャンペーンを作成する top

このエリアのICTBroadcastでは、メニューバーの[キャンペーン]に移動して、新しいキャンペーンを作成できます。 [キャンペーン管理]をクリックします。[新規追加]ボタンをクリックします。最初のキャンペーンが表示されます。作成するキャンペーンを選択してください。


5)ダッシュボード- top

ダッシュボードはシステム監視ページであり、以下に説明するシステム全体の重要なライブ統計を表示します:

ダッシュボード

I)連絡先の電話番号- top

ICTブロードキャストを使用している、現在コンタクトのダイヤル済みの番組を表示します

II)キャンペーン開​​始- top

開始されたキャンペーンには、アクティブなキャンペーンの数とアクティブなチャネルの総数が表示されます

アクティブなキャンペーンを管理する方法は?

III)私のアクティブなキャンペーン- top

キャンペーン統計には、実行中のキャンペーンのリアルタイムの統計が、ダイヤル、応答、失敗したコールの数とともに表示されます

アクティブなキャンペーン

6)キャンペーン- top

ユーザーは、メインメニューバーの[キャンペーン]タブをクリックして、この機能にアクセスできます。 XNUMXつのメニュー項目があります。 それがキャンペーン管理とキャンペーン概要です。 これらXNUMXつについて、以下で説明します。

I)キャンペーン管理- top

ユーザーがキャンペーン管理メニューをクリックすると、次のようなページが開きます。 ここでユーザーはキャンペーン管理のためのさまざまなオプションを持っています。

テストキャンペーンユーザー

新しく追加する: ユーザーは新しいキャンペーンを作成できます(下記の「新しいキャンペーンの追加」を参照)
オペレーション: 開始前に既存のキャンペーンパラメータを変更/編集、手動でキャンペーンを開始および停止、キャンペーンのライブコールを監視
結果について 連絡先を呼び出すデータが入力された、完了した通話の通話統計
選択したボタンを削除: 選択したキャンペーンを削除します

II)新しいキャンペーンを追加- top

ユーザーは次の場所からこのオプションにアクセスできます。

  1. 「キャンペーン」タブをクリックします。
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリックします。
  3. 「新規追加」をクリックします
  4. キャンペーンのタイプを選択します(例:音声、ファックス、SMS)
新しいキャンペーンを追加

上の図に示されている各キャンペーンの詳細な概要を以下に示します。 この詳細により、キャンペーンの目的、キャンペーンの作成方法、および入力する必要がある重要なフィールドが強調されます。

a)ボイスメッセージキャンペーン- top

このキャンペーンの目的は、音声メッセージを放送することです。 このタイプのキャンペーンでは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたボイスメッセージを再生して電話を切ります。 ユーザーが上の図から「メッセージキャンペーン」を選択した場合。 これにより、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。 ユーザーがあらゆるタイプのキャンペーンについて入力する必要がある一般的なパラメーターは次のとおりです。

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。

発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。

発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

ボイスメッセージ:

作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。

一般オプション:

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:**各通話の最大許容時間。 この期間が過ぎると、通話は自動的に切断されます。通話時間がわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。

ボイスキャンペーン

b)音声エージェントキャンペーン- top

連絡先リストからのこのタイプのキャンペーンダイヤル番号、および受信者による応答時に、エージェント/外部コールセンター/ IVRシステムに直接コールを転送します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

エージェントキャンペーン

エージェントキャンペーンを作成する手順

  1. キャンペーンに移動=>キャンペーン管理=>新規追加=>エージェントキャンペーン。
ABC
  1. 次のような必須フィールドをキャンペーンフォームに入力します。
    a)キャンペーン名
    b)キャンペーンの連絡先

    c)エージェント/オペレーターの延長

デフ
  1. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

用語解説

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

一般オプション:

ダイアログ/スクリプト:ダイアログ/スクリプトを選択します。

連絡先URL:連絡先URLを入力します。

Agent / Operater Extension:このフィールドには、通話が発信される内線が表示されます。 内線は、コールをさらに処理するために、エージェント、外部コールセンター、または任意のIVRシステムに転送できます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が過ぎると、通話は自動的に切断されます。通話時間がわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


c)音声インタラクティブキャンペーン- top

このオプションにより、ユーザーはインタラクティブなキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が応答すると、録音されたメッセージを再生し、受信者が目的のキーを押すと、受信者をライブエージェントに転送して、さらにコールを処理します。 ユーザーがこのタイプのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

インタラクティブキャンペーンを作成するための前提条件

インタラクティブなキャンペーンを作成するには、 管理人 次の手順が前提条件として実行されていることを確認してください。

  1. 「拡張」を作成し、この拡張をユーザーに割り当てます。
  2. ユーザーアカウントに残高を追加して、彼/彼女が電話をかけたり受けたりできるようにします。

さてその user 割り当てられた拡張機能の転送構成を設定する必要があります。

  1. ユーザーによる内線転送設定は、次のXNUMXつのオプションに設定できます。
    a。 登録エージェント
    b。 外部コールセンター
    c。 外部番号

  2. 最後に、以下に示すように、ユーザーはキャンペーンメニューからインタラクティブなキャンペーンを作成します。

インタラクティブキャンペーン

インタラクティブキャンペーンを作成する手順

  1. キャンペーンに移動=>キャンペーン管理=>「新規追加」キャンペーンボタンをクリックします。
キャンペーンm
  1. キャンペーンを選択=>インタラクティブキャンペーン
インタラクティブc
  1. 詳細を次のように入力します

    a)キャンペーン名
    b)キャンペーン連絡先グループ
    c)発信者ID d)音声e)一般オプションf)設定g)キャンペーンスケジュールh)サードパーティ統合

  2. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

インタラクティブな詳細

用語解説

このキャンペーンに必要な一般的なパラメータは次のとおりです。

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

ボイスメッセージ:

作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。

一般オプション:

ダイアログ/スクリプト:ダイアログ/スクリプトを選択します。

連絡先URL:連絡先URLを入力します。

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

必要な入力キー:

これは、システムがコールをエージェント/エクステンションに転送する必要があるキーを定義します

エージェント/オペレーター拡張:

このフィールドには、コールが発信される内線が表示されます。 内線は、コールをさらに処理するために、エージェント、外部コールセンター、または任意のIVRシステムに転送できます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


d)音声インバウンドキャンペーン- top

このオプションにより、ユーザーはインバウンドキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、IVRシステムのように機能します。 ユーザーが着信番号(DID)を公開し、関心のある発信者がこれまたはこれらの番号を呼び出して、事前に録音された音声メッセージを聞く。 発信者が目的のキーを押すと、通話はライブエージェントに転送され、さらに通話が処理されます。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

インバウンドキャンペーン

インバウンドキャンペーンを作成する手順

  1. 管理からDIDを作成=>インバウンドDID。
インバウンドDID
  1. [管理] => [エージェント/拡張]からエージェント/拡張を作成します。
エージェント拡張
  1. キャンペーン=>キャンペーン管理=>インバウンドキャンペーンから新しいインバウンドキャンペーンを作成します。
インバウンドc
  1. キャンペーンに次のような必須フィールドを入力します。
    名前
    b)連絡先グループ
    c)DID番号
    d)メッセージの録音
    e)必要な入力キー
    f)エージェント/拡張機能
インバウンドを作成する
  1. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

用語解説

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

一般オプション:

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


e)音声調査キャンペーン- top

このキャンペーンでは、調査と投票を作成できます。 このキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が回答すると、音声メッセージを再生して一連の質問をし、受信者からの応答(DTMFキーまたは音声応答)を記録し、さらに分析するためのレポートを準備します。 調査キャンペーンでは、ユーザーは、通話受信者がキープレスDTMF機能を使用して応答する必要がある選択ベースの質問と、通話受信者がメッセージを録音する必要がある自由回答形式の質問を作成できます。 記録されたこれらの音声応答(またはフィードバック)は、キャンペーン要約調査レポートの音声応答のリストに表示されます。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

調査キャンペーン

調査キャンペーンを作成する手順

  1. キャンペーン=>キャンペーン管理=>調査キャンペーンに移動します。
調査c
  1. キャンペーンフォームに記入するa)キャンペーン名を設定する
    b)連絡先グループを設定する
    c)通話が受信された直後に再生される録音済みメッセージを設定します。 次に調査が行われるという受信者へのメッセージである可能性があります。
調査声
  1. アンケートの質問を作成するには:
    a)調査セクションで必要な数の質問を選択します
    b)各質問について、関連する質問の記録を選択してクリック 【回答タイプ】 落ちる。 これにより、ユーザーは以下から選択できます DMTF応答 (選択式の自由回答形式の質問)または 音声応答 (自由回答形式の質問)。 選ぶ DTMF応答 リンクを表示します オプション。 このリンクをクリックすると、ポップアップウィンドウが開き、この質問の回答を設定できます(次のステップ)。 ユーザーが選択した場合 音声応答、ドロップダウンが表示され、受信者が応答を記録できる時間を秒単位で選択できます。 この質問タイプでは、これ以上のアクションは必要ありません。

調査キャンペーン

  1. ユーザーが選択した場合 DTMF応答、このステップは質問を完了するために必要です。 調査質問の回答を作成するには:
    a)調査キャンペーンのレポートを表示するのに役立つ質問のタイトルを設定します。
    b)質問には最大7つの可能な回答があり、「キー」は回答の選択のために押されたDTMFキーです。 アクションは、はい、いいえ、わからないなど、対応するキーのデフォルトの回答です。
    c)カスタム回答を設定するには、アクションドロップダウンから[カスタム]をクリックします。 キーの設定を解除する場合と同様に、そのキーに対して与えられたアクションから[使用しない]をクリックします。 下の画像では、質問の回答設定が表示されています。

調査キャンペーン

  1. 質問とその回答を設定したら、[保存]をクリックして調査キャンペーンを開始します。
  2. 調査キャンペーンの質問ごとのグラフィカルレポートを表示するには、[キャンペーン] => [キャンペーンの概要] => [キャンペーンを選択]に移動します。
まとめキャンペーン

用語解説

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

ボイスメッセージ:

作成済み/録音済みメッセージのリストから選択します。

一般オプション:

紹介メッセージ:

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に 酢酸(お酢)に転化します。 使用可能、このフィールドでは、キャンペーンマネージャーが紹介メッセージを選択できます。 この紹介メッセージは、受信者が通話を受信するとすぐに再生されます。

DNC(Do Not Call)アクション:

DNCを有効または無効にできます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

調査の質問:

このフィールドでは、ユーザーが調査の質問の数を選択できます。 現時点では、最大10つの質問がサポートされています。 ユーザーが質問の数を選択すると、質問フィールドが表示され、記録された質問を選択して、必要な応答を構成できます。

調査終了: このフィールドでは、ユーザーはEnd / Goodbye Messageを選択できます。Messageは有効または無効にできます。

設定: マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


f)音声IVRキャンペーン- top

これは高度なタイプのキャンペーンです。 このキャンペーンの目的は、メッセージをIVR(インタラクティブ音声応答)の形式でブロードキャストすることです。 インタラクティブ音声応答(IVR)は、音声とキーパッドの入力を使用してコンピューターが人間と対話できるようにするテクノロジーです。このタイプのキャンペーンは、受信者の回答に基づいて、連絡先リストから番号をダイヤルし、IVRメッセージを再生します。受信者からの応答、それはいくつかの操作を実行するか、いくつかの他のメッセージを再生します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

IVRキャンペーン

IVRキャンペーンを作成する手順

  1. メッセージ=> IVR =>新しいIVRに移動して、新しいIVRを作成します。 IVRの作成方法は?
  2. キャンペーン=>キャンペーン管理=>新規追加=> IVRキャンペーンに移動します。
IVRカム
  1. キャンペーンフォームに次のような必須フィールドを入力します。
    a)キャンペーン名
    b)連絡先グループ
    c)IVR
キャンペーンステップ

用語解説

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

IVR:

作成済みのIVRのリストから選択します。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


g)音声予約リマインダーキャンペーン- top

このキャンペーンは、グループ内のすべての連絡先にリマインダーコールを発信します。 このキャンペーンでは、すべての連絡先が連絡先フォームのカスタムフィールドのいずれかで予定の開始時間と予定の終了時間をスケジュールする必要があります。 すべての通話は予約開始時刻より前に発信されます。 キャンペーン管理者は、アポイントメント開始の何時間前に電話をかけるかを指定するキャンペーン作成フォームで「リマインダー通話時間」を設定します。 また、キャンペーン作成フォームには「リマインダーの有効期限」フィールドがあり、有効期限後に電話がかけられないようにします。 管理者/ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

音声リマインダー

予約アラームキャンペーンを作成する手順

  1. キャンペーン=>キャンペーン管理=>新しいAppointmentReminderに移動します。
リマインダーc
  1. 次のような必須フィールドをキャンペーンフォームに入力します。
    a)キャンペーン名
    b)連絡先グループ
    d)リマインダーメッセージ
    e)予約タイプ:予約タイプは、個人またはグループのいずれかです。

個別のリマインダー
個別のリマインダーでは、ダイヤルされる連絡先ごとに予定の時間が異なる場合があります。 個々の予約の例は、医師の予約または弁護士の予約であり、各患者/クライアントが会議の異なるタイミングを持っています。 キャンペーンの管理者は、[予定の開始フィールド]で適切な値を選択することにより、各連絡先の予定が保存される場所を選択します。 次に、管理者は予約時間の何時間前にリマインダーコールを発信するかを選択します。 リマインダーの有効期限フィールドは、有効期限後にコールが発信されないようにします。 法定時間の呼び出しを確実にするために、キャンペーンのスケジュールも呼び出しに適用されます。

個人c

グループの通知
グループのリマインダーでは、人々のグループはキャンペーンのスケジュール時間に従ってダイヤルされます。 グループの予定の例は、トレーニングの出席者またはクラス/学校の学生であり、トレーニングまたはクラスの学生のすべてのメンバーがトレーニングセッション/クラスの時間を持っています。 キャンペーンの管理者は、予約キャンペーンを実行するまでの日数/時間を自分で管理します。 グループの予定では、連絡先のダイヤルにキャンペーンのスケジュール時間が適用されます。

グループA

用語解説

リマインダー情報:

名前:リマインダーメッセージを送信する必要があった連絡先の名前を選択します。

予約:

コンタクトグループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

リマインダーメッセージ:

作成済みのIVRメッセージのリストから選択します。

発信者ID:

発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します

予約スケジュール:

予定タイプ:タイプを「グループ予定」または「個別予定」から選択します。

一般オプション:

DNCアクション:DNCを有効または無効にすることができます。 いつ 無効、アクションは実行されません。 いつ 使用可能、DNCアクションのキー「9」を設定します。 つまり、受信者が自分の電話で9を押すと、彼の番号が連絡先リストから削除されます。

AMD(Answering Machine Detection)アクション:

それが 無効、留守番電話を無視します。 いつ 電話を切る が選択されている場合、AMDが検出された場合はそれを検出し、それ以外の場合はコールを切断します。 XNUMX番目のオプションは メッセージを残す、AMDが検出された場合に検出し、別のメッセージとハングアップを再生します。 留守番電話用に記録されたメッセージ用の別のフィールドがあります。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


h)統合キャンペーン- top

このキャンペーンでは、統合を作成できます。 このキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、受信者が回答すると、音声メッセージを再生して一連の質問をし、受信者からの応答(DTMFキーまたは音声応答)を記録し、さらに分析するためのレポートを準備します。 統合キャンペーンでは、管理者は選択キーに基づく質問を作成し、通話受信者がキープレスDTMF機能を使用して応答することを要求したり、通話受信者がメッセージを録音するよう要求する自由回答式の質問を作成したりできます。 記録されたこれらの音声応答(またはフィードバック)は、キャンペーン要約統合レポートの音声応答のリストに表示されます。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

調査キャンペーン

統合キャンペーンを作成する手順

  1. キャンペーン=>キャンペーン管理=>統合キャンペーンに移動します。
統合
  1. キャンペーンフォームに記入するa)キャンペーン名を設定する
    b)キャンペーン連絡先の設定c)CallerIDの設定
統合c
  1. 統合質問を作成するには:
    a)統合セクションで必要な数の質問を選択します
    b)各質問について、関連する質問の記録を選択してクリック 【回答タイプ】 落ちる。 これにより、ユーザーは以下から選択できます DTMF応答 (選択式の自由回答形式の質問)または 音声応答 (自由回答形式の質問)。 選ぶ DTMF応答 リンクを表示します オプション。 このリンクをクリックすると、ポップアップウィンドウが開き、この質問の回答を設定できます(次のステップ)。 ユーザーが選択した場合 音声応答、ドロップダウンが表示され、受信者が応答を記録できる時間を秒単位で選択できます。 この質問タイプでは、これ以上のアクションは必要ありません。
のオファー
  1. ユーザーが選択した場合 DTMF応答、このステップは質問を完了するために必要です。 統合質問の回答を作成するには:
    a)調査キャンペーンのレポートを表示するのに役立つ質問のタイトルを設定します。
    b)質問には最大7つの可能な回答があり、「キー」は回答の選択のために押されたDTMFキーです。 アクションは、はい、いいえ、わからないなど、対応するキーのデフォルトの回答です。
    c)カスタム回答を設定するには、アクションドロップダウンから[カスタム]をクリックします。 キーの設定を解除する場合と同様に、そのキーに対して与えられたアクションから[使用しない]をクリックします。 下の画像では、質問の回答設定が表示されています。
s一般的なメッセージ
  1. 質問とその回答を設定したら、[保存]をクリックして統合キャンペーンを開始します。
  2. 統合キャンペーンの質問ごとのグラフィカルレポートを表示するには、[キャンペーン] => [キャンペーンの概要] => [キャンペーンを選択]に移動します。
まとめキャンペーン

用語解説

キャンペーン:

名前:識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。 発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。 発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します。

統合オファー: このフィールドを使用すると、統合で質問の数を選択できます。 現時点では、最大10の質問がサポートされています。 ユーザーが質問の数を選択すると、質問フィールドが表示され、記録された質問を選択して、必要な応答を構成できます。

統合の一般的なメッセージ:

このフィールドでは、挨拶メッセージ、オファー終了メッセージ、詳細終了メッセージ、確認メッセージ、ありがとうメッセージ、間違ったメッセージを選択できます。 各メッセージは需要に応じて選択されます。

統合API: このフィールドでは、APIを選択できます。

設定: マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


i)FAXキャンペーン- top

このオプションを使用すると、ユーザーはFAXキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンダイヤル番号は、連絡先リストから取得され、受信者が応答すると、ファックスドキュメントを転送します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

FAXキャンペーン

FAXキャンペーンを作成する手順

  1. メッセージ=>ファックスドキュメント=>新しいドキュメントから、ユーザーがブロードキャストするファックスドキュメントをアップロードします。
ファックスドキュメント
  1. キャンペーン=>キャンペーン管理=>新規追加=> FAXキャンペーンに移動します。
ファックス選択
  1. キャンペーンフォームに次のような必須フィールドを入力します。
    a)キャンペーン名
    b)連絡先グループ
    c)FAX文書
ファックスの詳細
  1. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

用語解説

運動:

お名前:

識別のためのキャンペーンの名前

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先

コンタクトグループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者ID:発信通話で使用する発信者IDを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します

ファックス

FAX文書:

アップロード済みのファックスドキュメントのリストから選択します。

設定:

マックス。 同時チャネル:キャンペーンがサポートする同時チャネルの最大数。
Max retries:当該連絡先に連絡するための最大再試行回数。
最大通話時間:各通話の最大許容時間。 この期間が経過した後、通話は自動的に切断されます。ユーザーが通話時間についてわからない場合は、通話の会話に影響を与えないように最大数にしてください。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します

サードパーティ統合:

通話終了要求:終了する通話を選択します。

上部の「保存」ボタンをクリックしてキャンペーンを開始します。


j)SMSキャンペーン- top

このオプションにより、ユーザーはSMSキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、連絡先リストから番号をダイヤルし、SMSメッセージをすべての受信者に送信します。 ユーザーがこのキャンペーンを選択すると、このキャンペーンを作成するためのすべてのオプションと設定をリストするフォームが開きます。

SMSキャンペーン

SMSキャンペーンを作成する手順

  1. 設定=> SMSメッセージ=>新しいテキストからブロードキャストするSMSメッセージを作成します。
SMSメッセージ
  1. キャンペーン=>キャンペーン管理=>新規追加=> SMSキャンペーンに移動します。
SMSキャンペーン
  1. キャンペーンフォームに次のような必須フィールドを入力します。
    a)キャンペーン名
    b)連絡先グループ
    c)テキストメッセージ
キャンペーンのSMS
  1. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

用語解説

運動:

名前:識別のためのキャンペーンの名前。

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

連絡先グループ:このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。
発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します

SMS:

テキストメッセージ:

作成済みのSMSメッセージのリストから選択します。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します


k)メールキャンペーン- top

このオプションを使用すると、ユーザーはメールキャンペーンを作成できます。 このタイプのキャンペーンは、各連絡先の指定された電子メールアドレスに電子メールを送信します。

メールキャンペーン

メールキャンペーンを作成する手順

  1. メッセージ=>メールテンプレート=>新しいテンプレートからメールテンプレートを作成し、メッセージの件名、本文を入力して保存します。
メールテンプレート
  1. キャンペーン=>キャンペーン管理=>新規追加=>メールキャンペーンに移動します。
メールカム
  1. キャンペーンフォームに次のような必須フィールドを入力します。
    a)キャンペーン名
    b)連絡先グループ
    c)メールテンプレート
電子メールアド
  1. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

用語解説

運動:

名前:識別のためのキャンペーンの名前。

キャンペーンモード:

「通常」を選択すると、すべての連絡先を処理した後にキャンペーンを停止します。 永久に選択すると、すべての連絡先を処理し、バックグラウンドで新しい連絡先を待機した後でも、キャンペーンを継続して実行できます。

キャンペーン連絡先:

コンタクトグループ:

このキャンペーンがダイヤルする連絡先グループ/電話番号のリストを選択します。

発信者ID:

発信者IDタイプ:発信通話で使用する発信者IDタイプを入力します。

発信者名:発信通話で使用する発信者名を入力します

メールテンプレート:

ユーザーがこのキャンペーンで送信するメールテンプレートを、作成済みのメールテンプレートのリストから選択します。

キャンペーンスケジュール:

キャンペーンを開始:キャンペーン開​​始のスケジュールには次のオプションがあります
a)すぐに: 作成直後にキャンペーンを開始
b)予定時刻に: 選択したデータと時間でキャンペーンを開始します
キャンペーンの停止/一時停止: 次のオプションがあるキャンペーンの停止時間をスケジュールします
a)完了時: すべてが完了したらキャンペーンを停止します
b)予定時刻に: 選択した日時にキャンペーンを停止します


7)連絡先- top

ユーザーが連絡先を管理できるようにします。 連絡先は、連絡先グループにグループ化できます。 連絡先は、基本的にダイヤルする電話番号です。 連絡先グループは、複数の宛先/国の電話番号を持つことができます。 ユーザーは、特定のグループまたは連絡先への通話終了のために、地域、国、および宛先を管理することもできます。

I)連絡先グループ- top

連絡先グループは、特定のドメインの連絡先のコンテナとして機能します。 ICTbroadcastのキャンペーンは、キャンペーンの作成時に選択された特定の連絡先グループの連絡先にもダイヤルします。

連絡先グループ

連絡先グループを作成するにはどうすればよいですか?

  1. 連絡先に移動=>連絡先グループ=>新規追加
お問い合わせ
  1. 連絡先グループの説明を入力して[保存]をクリックします
グループのタイトル
  1. 次のステップは 連絡先グループに連絡先を入力する

用語解説

グループの説明:

タイトル:

タイトルにより、ユーザーは異なる連絡先グループを区別できます。

説明:

説明では、役職が十分な意味を持たない場合に連絡先グループをさらに詳しく説明できます。

連絡先のインポート(オプション)

ソースのタイプ:

連絡先をインポートする場所からソースを選択します。

II)連絡先- top

連絡先は、電話番号その他の個人情報です。

連絡先の設定

連絡先グループの連絡先を埋める方法は?

  1. 連絡先に移動=>連絡先
お問い合わせ
  1. 連絡先を追加するには、2つの方法があります。
    ***新しい連絡先を追加**
連絡先の詳細
**OR*****   Bulk import Contact**
連絡先をインポートする
  1. [保存]をクリックします

用語解説

新しく追加する:

ユーザーが[新規追加]ボタンをクリックして、特定の連絡先グループの連絡先を入力できるようにします。

個人情報:追加する連絡先の「名」と「姓」を入力します。

連絡先アドレス:連絡先の「電話番号」、「メール」、および「アドレス」を入力します。

グループ:リストですでに利用可能なグループからグループを選択します。

カスタムデータ:カスタムデータを入力します。

コメント/備考:説明にコメントを入力します。

インポート:

から連絡先をインポート:

このオプションを使用すると、ユーザーは「インポート」ボタンをクリックして、外部テキストまたはCSVファイルから連絡先リストをインポートできます。 外部ファイルの形式は、以下に示すようにCSV(カンマ区切り値)形式である必要があります。

923330000000、名、姓、 email@domain.com、住所、カスタム値1、カスタム値2、カスタム値3、コメント

923331111111、名、姓、 other@domain.com、住所、カスタム値1、カスタム値2、カスタム値3、コメント

連絡先情報のインポート:ターゲットグループを選択します。 ...

最初のフィールドは必須の電話番号ですが、他のフィールドはオプションです。 つまり、ユーザーは次の形式を使用して連絡先リストを簡単に作成できます。

923300000000 923331111111 ...

重複を見つける:

このオプションを使用すると、ユーザーは重複する連絡先を見つけることができます。

無効を見つける:

このオプションにより、ユーザーは無効な連絡先フォームリストを見つけることができます。 無効な連絡先は、連絡先グループの事前に選択された宛先と一致しない連絡先として定義されます。

III)DNC連絡先- top

DNC連絡先は、ユーザーが呼び出したくない連絡先です。 ユーザーはこのDNCリストを元の連絡先リストに適用でき、DNCリストに存在する連絡先リストからそれらの連絡先をフィルターで除外して削除します。

DNCグループ: DNCグループを選択します。

個人情報:「名」と「姓」を入力します。

DNCアドレス:「電話番号」、「メール」、「アドレス」と入力します。

コメント/備考:説明を入力します。

DNC

8)メッセージ- top

これはICTブロードキャストの非常に重要な分野です。 これにより、ユーザーは内線、トランク、DID、IVR、録音、SMS、ファックスを管理できます。 これらのオプションはすべて、ユーザーがキャンペーンを作成する必要がある場合に必要です。 つまり、ユーザーが選択したキャンペーンを作成する場合は常に、最初にメッセージメニューにアクセスして、いくつかの録音、SMSまたはFAXをアップロードする必要があります。ユーザーは、通話を終了するためにトランクを追加する必要があり、ユーザーがDIDを必要とする場合があります。 /インバウンドキャンペーンなどを作成したい

I)録音- top

これは、ユーザーが録音をアップロードする領域です。 これらの録音には、メッセージ、調査質問、紹介メッセージなどがあります。ユーザーが録音を持っていない場合。 心配しないでください。システムはユーザーにTTS(テキスト読み上げ)機能も提供します。 録音タイプをテキストに選択し、ユーザーが再生したいテキストを書き込みます。 システムが録音を作成し、そのメッセージが再生されます。 システムはまた、ユーザーがユーザーがアップロードまたはテキストを書き込んだサウンドを再生する機能をユーザーに提供します。

追加する録音

a)音声録音の準備- toptop

必要なサウンドファイルの形式は、8 Khzのサンプリングレート、16ビットのモノラル、およびサポートされているタイプで、wavファイルである必要があります。 ユーザーは、次のいずれかの方法を使用して、8 kHzの16ビットのモノWAVファイルを作成できます。

a。 Microsoft Windows組み込み録音ツール「サウンドレコーダー」

  1. Windowsオペレーティングシステムの[スタート]ボタンをクリックします。
  2. 「すべてのプログラム」をクリックします
  3. 「アクセサリ」をクリックします
  4. 「エンターテインメント」をクリックしてください
  5. 「サウンドレコーダー」をクリックしてください
  6. 開始ボタンと停止ボタンを使用して、マイクで声を録音します
  7. [ファイル]メニューをクリックします
  8. 「名前を付けて保存」をクリックします
  9. 適切なファイル名を入力してください
  10. 「ファイルの種類」をwavファイルとして選択します
  11. [変更]ボタンをクリックして、フォーマットを8kHz 16ビットモノラルに変更します
  12. 保存したファイルを新しい録画としてICTブロードキャストにアップロードする

b。 TTS(音声合成)プログラム

espeak、flite、festivalなどのオープンソースソリューション、およびcepstral、ispeech、voice forgeなどの商用ソリューション。 この機能は、フェスティバルTTSプログラムを使用したICTブロードキャストの新しいバージョンに追加されました。 今、ユーザーはテキストを書くだけで、そのオーディオはシステムによって作成されます。

追加するテキスト

c。 オープンソースソフトウェア

オーディオの録音と編集のためのaudacityのようなオープンソースソフトウェア

d。 プロのボイスオーバー

voice123のようなプロバイダーの専門家による専門的なボイスオーバー

録音を作成する手順

  1. メッセージ=>録音=>新規追加。
メッセージ記録
  1. 録音ソースを選択します。

ファイル

rへのファイル

II)ファックス文書- top

これは、ユーザーがFAXドキュメントを管理する領域です。 ユーザーは、アップロードされたFAXドキュメントをプレビューすることもできます。

FAXドキュメントを作成する手順

  1. メッセージに移動=> Faxドキュメント=>新規追加。
FAXドキュメント
  1. ドキュメントの名前と説明を入力します。

  2. ファクス文書は「ファクス品質」を選択し、ファクス文書(pdf、tiff)のファイルを選択することです。

FAXドキュメント

III)SMS- top

これは、ユーザーがSMSメッセージを管理する領域です。 次のフォームはシンプルで、メッセージのテキストタイトル、必要に応じて説明、およびユーザーがブロードキャストするSMSメッセージが必要です。

SMSメッセージでのトークンの使用:

SMSでは、ユーザーはSMSの作成中にトークンを使用できます。 トークンは、顧客固有の情報が必要な場合に役立ちます。 たとえば、SMSで顧客の名前、住所、または電子メールアドレスを使用します。 トークンの使用には、次のパターンが許可されています。

[contact:first_name]

これまでのパターンが使用されている場合、連絡先の名がこの場所で置き換えられます。 同様に、[contact:last_name]、[contact:custom1]、[contact:custom2]、[contact:email]などを使用できます。ICTbroadcast連絡先のすべてのフィールドをトークンとして使用できます。 以下は、SMSメッセージで使用できるトークンのリストです。
[campaign:callerid]
[campaign:callerid_name]
[contact:first_name]
[contact:last_name]
[連絡先:電話]
[連絡先メールアドレス]
[連絡先住所]
[contact:custom1]
[contact:custom2]
[contact:custom3]
[連絡先:説明]

SMSメッセージを作成する手順

1.メッセージに移動=> SMS =>新規追加。

新しいSMS

SMSメッセージ

IV)メールテンプレート- top

ここで、ユーザーは、電子メールブロードキャストキャンペーン用のさまざまな電子メールテンプレートを作成できます。 メールテンプレートは、ユーザーがメールの件名、メール本文、代替メール本文(オプション、受信者がHTMLをサポートしていない場合)、添付ファイル、受信者の名前、メール、連絡先の代わりにカスタムトークンを使用できるサンプルメールテキストです情報など。メールテンプレートが完成したら、ユーザーはそれを使用して連絡先リストに送信できます。

テンプレート名:

キャンペーンフォームに表示されるテンプレートの名前

説明:

テンプレートの説明(オプション)

件名:

ユーザーが連絡先リストに送信したいメールの件名

メッセージ本文:

送信する実際のメッセージ(メール本文)

代替メッセージ:

HTMLタグなしの代替メッセージ(オプション)

ファイル/画像:

電子メールで送信する任意の数の添付ファイル。 に ファイルを添付、「ファイルを選択」フィールドから選択し、ページ上部の「保存」ボタンをクリックします。 に 添付ファイルを削除する、選択ボックスをチェックして、ページの上部にある[保存]をクリックします。

電子メールテンプレートでのトークンの使用:

トークンは、顧客固有の情報が必要な場合に役立ちます。 メールテンプレートでトークンを使用する場合、次のパターンが許可されます。

[contact:first_name]

これまでのパターンが使用されている場合、連絡先の名がこの場所で置き換えられます。 以下は、メールテンプレートで使用できるトークンのリストです。
[campaign:callerid]
[campaign:callerid_name]
[contact:first_name]
[contact:last_name]
[連絡先:電話]
[連絡先メールアドレス]
[連絡先住所]
[contact:custom1]
[contact:custom2]
[contact:custom3]
[連絡先:説明]
さらに、メールテンプレートでのみ使用できるXNUMXつの追加トークンは次のとおりです。
[url_confirm_yes]
[url_confirm_no]

メールテンプレートを作成する手順

1.メッセージに移動=>電子メールテンプレート=>新しいテンプレート。

メールt

電子メールテンプレート

V)IVR- top

IVRはInteractive Voice Responseの略です。 これにより、システムは音声合成または録音されたメッセージを使用してカスタム情報を読み取り、キーパッド入力を検出できます。 IVRを使用して、仮想受付、カスタムの予定の通知、高度な電話調査などのシステムを構築できます。

a)IVR Designerの概要- top

IVR Designerを使用すると、簡単な操作で高度なテレフォニーシステムを作成できます ドラッグアンドドロップインターフェイス。 ユーザーはツールバー領域から任意のアプリケーションを選択し、それをメインの描画領域にドラッグしてドロップできます。 これにより、ドロップした場所にそのアプリケーションが作成されます。 そのドラッグアンドドロップインターフェイスにより、ユーザーはWebブラウザーで音声応答アプリケーションを簡単に作成できます。 IVR Designerのツールバーには、IVRを作成するためのアプリケーションが含まれています。 次に、これらの各アプリケーションについて簡単に説明します。

IVRデザイナー

IVRアプリケーションでのトークンの使用

トークンは、キャンペーンの実行中に値を動的に置き換える変数です。 トークンには定義済みの使用方法があります。 一部のIVRアプリケーションでは、トークンを入力または選択できます。 IVRデザイナーでは、以下に説明するトークンを使用するための特定のパターンを許可しています。

[contact:first_name]

上記のパターンが使用される場合は常に、連絡先の名が再生されます。 同様に、[contact:last_name]、[contact:custom1]、[contact:custom2]、[contact:email]などを使用できます。ICTbroadcast連絡先のすべてのフィールドをトークンとして使用できます。 現在、TTS、Say Alpha、Say Digit、Say Number、Say Date、Say Timeの各アプリケーションは、トークンの使用をサポートしています。 以下は、IVRアプリケーションで使用できるトークンのリストです。
[campaign:callerid]
[campaign:callerid_name]
[contact:first_name]
[contact:last_name]
[連絡先:電話]
[連絡先メールアドレス]
[連絡先住所]
[contact:custom1]
[contact:custom2]
[contact:custom3]
[連絡先:説明]

説明IVRアプリケーション

コールアンサー:

通話応答アプリケーションが着信に応答します

回答


電話を切る:

ハングアップアプリケーションは、通話を強制的に切断します。

電話を切る


入力を取得:

IVRから入力要求を取得します。

入力を取得


オーディオを再生:

サウンドファイルを再生します。 メッセージ領域の録音セクションのサウンドファイルを使用できます。

オーディオを再生する


通話転送:

転送アプリケーションは、アクティブコールをエージェントの指定された電話番号に接続します。 この番号は、ICTブロードキャストでは内線番号と呼ばれます。

移転


通話記録:

Recordアプリケーションは、ビープ音で始まり、ユーザーがポンドを押すと終了する録音を作成するか、通話の残りを録音できます。

記録


オプションメニュー:

オプションメニューは、ユーザーからのキーパッド入力を収集するために使用されます。 各メニューノードには、ユーザーにオプションを表示するための少なくともXNUMXつの「再生」ノードと、着信キープレスを処理するためのXNUMXつ以上の「キープレス」ノードが必要です。

オプション


留守番電話検出(AMD):

それは人間であるか機械であるかどうかそれがコールの応答の後で検出します。 次に、この決定に基づいて、ユーザーは任意のアクションを実行できます。

AMD


電話しない(DNC):

DNCアプリケーションは、DNCリストに番号を追加します。

DNC


音声合成(TTS):

TTSアプリケーションでは、ユーザーは音声として再生されるテキストを入力できます。

TTS


アルファと言う:

たとえば、Alphaアプリケーションでは、alphanumberic値を入力するか、変数を選択してその値を再生できます。

アルファと言う


数字を言う:

Say Digitアプリケーションでは、数字を入力するか、変数を選択して、その値を再生できます。

数字を言う


番号を言う:

Say Numberアプリケーションでは、数値を入力するか、変数を選択して、その値を再生できます。

番号を言う


発言日:

日付アプリケーションでは、日付を入力するか、変数を選択してその値を再生できます。

日付を言う


時間を言う:

Say Timeアプリケーションでは、時間を入力するか、変数を選択して、その値を再生できます。

時間を言う


発信者IDを設定:

名前が示すように、このアプリケーションは発信コールにcalleridを設定します。 通話の転送時にcalleridを使用することもできます。 ただし、calleridアプリケーションが転送アプリケーションの前に配置されていることを確認してください。

時間を言う


a)IVRアプリケーションの作成- top

このセクションでは、IVRデザイナとIVRアプリケーションを使用してさまざまなIVRを作成する方法を示す実際の例を示します。 これらのIVRは、放送用のキャンペーンに添付できます。

用語解説

IVRアプリケーション: 特定の機能を含むIVR Desinger内の一意のIVR要素。 たとえば、オーディオの再生は.wav録音を再生します。 通話終了は通話を切断します。
IVR(IVR): リンクされたXNUMXつ以上のIVRアプリケーション(要素)を含む完全なIVR。 レコードとして保存され、後で編集したり、キャンペーンに添付したりできます。

WebベースのデザイナーからIVRを作成する方法

  1. メッセージ=> IVR =>新しいIVRに移動します。
  2. IVR名を設定します。
新しいIVR
  1. アプリケーションをツールバー領域から作図領域にドラッグアンドドロップします。

IVRの作成IVRの作成

  1. XNUMXつのアプリケーションを他のアプリケーションにリンクするには、アプリケーションの左上にある小さな長方形にポインターを移動します。 マウスのボタンを押し続けます。

IVRの作成

  1. ボタンを離して、他のアプリケーションの上にドラッグアンドドロップします。

IVRの作成

  1. リンクを削除するには、ユーザーが削除したいリンクのリンク先ポインタを選択します。 ソースアプリケーションをドラッグし、ソースアプリケーションの上にドロップします。

IVRの作成

  1. アプリケーション設定を設定するには、アプリケーションの左下にある小さな鉛筆をクリックします。

IVRの作成

  1. ポップアップウィンドウが開きます。 すべてのアプリケーションには異なるパラメーター設定があります。 以下の例では、TTSアプリケーションのプロパティポップアップが表示されています。

IVRの作成

IVRでPlay Audio Applicationを使用するには?

  1. 新しいIVRの作成=>オーディオアプリケーションを描画領域にドラッグアンドドロップします。
  2. Playオーディオアプリケーションのポップアップウィンドウから。 ドロップダウンメニューから必要な記録を選択し、[適用]をクリックして保存します。

オーディオIVRを再生

  1. 「アプリケーションの再生」に「アプリケーションの開始」リンクをドラッグアンドドロップして、アプリケーションの開始とオーディオの再生アプリケーションをリンクします。 このIVRを保存するには、ページメニューの[保存]ボタンをクリックします。

オーディオIVRを再生

IVRで音声合成(TTS)アプリケーションを使用する方法

  1. 新しいIVRの作成=> TTSアプリケーションを描画領域にドラッグアンドドロップします。
  2. ポップアップウィンドウで、ユーザーが再生するテキストを入力し、[適用]をクリックして保存します。

TTS IVR

  1. 「TTSアプリケーション」の「アプリケーションの開始」リンクをドラッグアンドドロップして、開始アプリケーションをTTSアプリケーションにリンクします。 このIVRを保存するには、ページメニューの[保存]ボタンをクリックします。

TTS IVR

IVRでSayAlphaアプリケーションを使用する方法?

  1. 新しいIVRの作成=> SayAlphaアプリケーションを描画領域にドラッグアンドドロップします。
  2. ポップアップウィンドウから、ユーザーは、このアプリケーションによって値が再生されるプレフィックス変数を選択できます。 ユーザーは、ドロップダウンメニューからカスタムを選択することもできます。 これにより、ユーザーはテキストボックスに英数字を書き込むことができます。

SayAlpha IVR

  1. 「SayAlphaアプリケーション」の「アプリケーションの開始」リンクをドラッグアンドドロップして、開始アプリケーションをSayAlphaアプリケーションにリンクします。 このIVRを保存するには、ページメニューの[保存]ボタンをクリックします。

SayAlpha IVR

IVRでSayDigitアプリケーションを使用する方法

  1. 新しいIVRの作成=> SayDigitアプリケーションを描画領域にドラッグアンドドロップします。
  2. ポップアップウィンドウから、ユーザーは値がこのアプリケーションで再生される定義済み変数を選択できます。 ユーザーは、ドロップダウンメニューから顧客オプションを選択することもできます。 これにより、ユーザーは数字(0-9)のみをテキストボックスに書き込むことができます。 「適用」をクリックして保存します。

SayDigit IVR

  1. 「SayDigitアプリケーション」の「アプリケーションの開始」リンクをドラッグアンドドロップして、開始アプリケーションをSayDigitアプリケーションにリンクします。 このIVRを保存するには、ページメニューの[保存]ボタンをクリックします。

SayDigit IVR

SayNumberアプリケーションをIVRで使用する方法

  1. 新しいIVRの作成=> SayNumberアプリケーションを描画領域にドラッグアンドドロップします。
  2. ポップアップウィンドウから、ユーザーは、このアプリケーションで再生される値を持つ定義済み変数を選択できます。 ユーザーは、ドロップダウンメニューからカスタムを選択することもできます。 これにより、ユーザーはテキストボックスに数字(0〜9および "。")のみを書き込むことができます。 「適用」をクリックして保存します。

SayNumber IVR

  1. 「SayNumberアプリケーション」に「アプリケーションの開始」リンクをドラッグアンドドロップして、開始アプリケーションをSayNumberアプリケーションにリンクします。 このIVRを保存するには、ページメニューの[保存]ボタンをクリックします。

SayNumber IVR

IVRでSayDateアプリケーションを使用する方法

  1. 新しいIVRの作成=> SayDateアプリケーションを描画領域にドラッグアンドドロップします。
  2. ポップアップウィンドウから、ユーザーは、このアプリケーションで再生される値を持つ定義済み変数を選択できます。 ユーザーは、ドロップダウンメニューからカスタムを選択することもできます。 これにより、ユーザーは以下の特定のフィールドから時間(mm:dd:year)を選択できます。 「適用」をクリックして保存します。

SayDate IVR

  1. 「SayDateアプリケーション」に「アプリケーションの開始」リンクをドラッグアンドドロップして、開始アプリケーションをSayDateアプリケーションにリンクします。 このIVRを保存するには、ページメニューの[保存]ボタンをクリックします。

SayDate IVR

IVRでSayTimeアプリケーションを使用する方法

  1. 新しいIVRの作成=> SayTimeアプリケーションを描画領域にドラッグアンドドロップします。
  2. ポップアップウィンドウから、ユーザーは、このアプリケーションで再生される値を持つ定義済み変数を選択できます。 ユーザーは、ドロップダウンメニューからカスタムを選択することもできます。 これにより、ユーザーは以下の所定のフィールドから時間(時間:分)を選択できます。 「適用」をクリックして保存します。

SayTime IVR

  1. 「SayTimeアプリケーション」に「アプリケーションの開始」リンクをドラッグアンドドロップして、開始アプリケーションをSayTimeアプリケーションにリンクします。 このIVRを保存するには、ページメニューの[保存]ボタンをクリックします。

SayTime IVR

VI)メールフッター- top

電子メールフッターは、電子メールメッセージの下部のセクションであり、電子メールごとに変化しない情報が含まれています。 電子メールのフッターには、通常、会社の住所、電話番号、電子メールの連絡先アドレス、Webサイトのリンクが含まれ、多くの場合、購読解除のリンクや指示が含まれます。

  1. 新しいフッターを追加するには、サブメニューバーの[メールフッター]をクリックします。
  2. 「新しいメールフッター」をクリックします
  3. 「メールフッター情報」を入力してください
  4. 「メールのフッター詳細」を入力してください
  5. 「保存」ボタンをクリックします。
メールフッター

9)請求- top

ICTbroadcast Service Providerエディションは、完全な請求パッケージを提供します。 管理者は、地域、国、目的地、ルート、料金、支払いを追加するすべての権限を持っています。

I)地域- top

地域は大陸であり、大陸の一部です。 例:東ヨーロッパ、中央アジアなど。

  1. 新しい地域を追加するには、サブメニューバーの[地域]をクリックします。
  2. 「新しい地域」をクリックして新しい地域を追加します
  3. 「地域コード」(任意の一意の英数字)を入力してください
  4. 「地域名」を入力
  5. 上部の「保存」ボタンをクリックします

II)国- top

  1. 新しい国を追加するには、サブメニューバーの「国」をクリックしてください
  2. 「新しい国」をクリックして新しい地域を追加します
  3. 国名を入力してください
  4. 国コードを入力してください(一意に識別されたもの)
  5. 国番号を入力してください。 これは、その国へのすべてのダイヤルコードのカンマ区切りのリストになります。たとえば、英国では44または44,442のようになります。
  6. 地域を選択
  7. タイムゾーンを選択
  8. 上部の「保存」ボタンをクリックします

ヶ国

ローカル接頭辞を作成する方法は?

デフォルトでICTbroadcastは国際プレフィックス形式で構成されます。管理者がローカル宛先にのみICTbroadcastを使用することを決定し、余分な(国際プレフィックス)桁を避けたい場合、管理者は次の手順を使用してローカルまたはカスタムプレフィックスシステムをセットアップできます。

既存の設定をすべて削除

  1. すべてのルートを削除
  2. すべての料金を削除
  3. すべての目的地を削除
  4. すべての国を削除

カスタムプレフィックスシステムのセットアップ

  1. ローカルプレフィックスを作成する新しい国を作成します
  2. カナダの場合は「1204,1250,1289」、パキスタンの場合は「923,92」のように、「Country Dialing Code」フィールドの下にカンマ区切りのリストでその国に固有のすべてのプレフィックスを入力します
  3. 必要な目的地を作成する
  4. 料金を作成
  5. ルートを作成する

注意: 宛先を作成する際、プレフィックスの最初の数字が国の一部の「国のダイヤルコード」と一致することを確認してください。

III)目的地- top

  1. 新しい目的地を追加するには、サブメニューバーの「目的地」をクリックします
  2. 「新しい目的地」をクリックしてください
  3. 目的地の説明を入力してください
  4. 宛先のプレフィックスを入力してください
  5. リストから運送業者のタイプを選択します
  6. リストから国を選択
  7. リストから「タイムゾーン」を選択します
  8. 上部の「保存」ボタンをクリックします

目的地

IV)料金- top

  1. サブメニューバーの「レート」をクリックしてください
  2. 「新しいレートを追加」をクリックして新しいレートを追加します
  3. 「料金プラン」を選択。
  4. 「サービス」を選択します。
  5. 請求ブロックを選択します(ほとんどの場合60秒の請求ブロックが使用されます)
  6. 特定の請求ブロックのレートを入力してください
  7. 最初の間隔を選択します(通話時間が最初の間隔よりも短い場合、通話料金は最初の間隔に従って行われます)
  8. [増分間隔]を選択します(通話時間が最初の間隔よりも長い場合、追加時間の通話料金がそれに応じて課金されます)。
  9. 地域を選択
  10. 国を選択
  11. XNUMXつまたは複数の宛先を選択します
  12. 保存ボタンをクリックして、新しいレートを保存します

価格表

料金を作成する手順

  1. 請求=>宛先。
  2. 宛先をXNUMXつずつ追加するには、「新規追加」を使用します。 一括インポートの場合、「インポート」オプションを使用して宛先をインポートします。
請求d
  1. 目的地の料金を設定するには請求=>料金に移動します。
  2. レートを設定するには、一度にXNUMXつのレートを設定する「新しいレート」オプションを使用できます。
請求r
  1. バルクレートを設定するには、インポートオプションを使用します。 インポートをクリックし、料金プランを選択し、サービスを選択して、料金を含むCSVファイルをアップロードします。サンプルCSVがICTブロードキャストのインポートフォームに添付されています。
レートp
レートインポート

V)料金プラン- top

  1. サブメニューバーの「料金プラン」をクリック
  2. 「新しい料金プラン」をクリックして新しい料金を追加します
料金プラン

料金を作成する手順

  1. 請求=>料金プラン。
  2. 「新しい料金プラン」ボタンを使用してください。
  3. 「料金プラン名」を選択
  4. 「説明」と入力します
  5. 「保存」ボタンをクリックします。
新料金プラン

VI)ルート- top

  1. サブメニューバーの「ルート」をクリックします
  2. 「新しいルートを追加」をクリックして新しいルートを追加します
  3. サービスの種類を選択
  4. トランクを選択
  5. 地域を選択
  6. 国を選択
  7. XNUMXつまたは複数の宛先を選択します
  8. 保存ボタンをクリックして新しいルートを保存します

ルート

ルートを作成する手順

  1. 請求=>宛先。
  2. 宛先をXNUMXつずつ追加するには、「新規追加」を使用します。 一括インポートの場合、「インポート」オプションを使用して宛先をインポートします。
請求d
  1. 目的地のルートを設定するには請求に移動=>ルート
請求ルート
  1. ルートをXNUMXつずつ設定するには、ルートをXNUMXつずつ設定する「新しいルート」オプションを使用できます。
ルートを選択
  1. 一括ルートを設定するには、インポートオプションを使用できます。 XNUMXつのインポートをクリックし、サービスを選択して、目的のトランクを選択し、宛先を含むCSVファイルをアップロードします。
インポートルート

ルーティングの仕組み

音声インタラクティブキャンペーン

VII)支払い- top

  1. 新しい支払いを追加するには支払いをクリックします==>支払い==>新しい支払いを追加します
支払いb
  1. 支払い方法:ユーザーを選択して残高をチャージします
  2. コメント:コメント
  3. 総支払額:ユーザーが支払った金額を入力します
  4. 支払いタイプ:支払いタイプを選択
  5. 日付:支払い日を入力してください
  6. XNUMXつまたは複数の宛先を選択します
  7. 保存ボタンをクリックして新しいルートを保存します
新しい支払い

10)管理- top

I)ユーザー管理- top

ICTbroadcast Service Providerエディションには、管理者とユーザーというXNUMXつの基本的なユーザーロールがあります。 管理者にはすべての特権があります。ユーザーにはユーザー管理、トランク管理、拡張機能、DID、地域、国、宛先管理などの制限があります。次のフォームは、管理者のユーザー管理領域を示しています。 管理者はユーザーを管理し、拡張機能の割り当てやDIDの割り当てなどのリソースをユーザーに割り当てることができます。

資源配分

a)リソースの割り当て- top

管理者はユーザーにリソースを割り当てることができます。 リソースには、キャンペーンを実行するための「タイムスロット」と「平日」が含まれます。 ユーザーは、割り当てられた時間範囲と平日にのみキャンペーンを実行します。 範囲を超えると、実行中のキャンペーンはすぐに停止されます。 管理者は、ファックス、サーベイ、インタラクティブキャンペーンを使用するための権限を設定することもできます。

リソースを割り当てる

b)拡張子の割り当て- top

管理者はユーザーに内線番号を割り当てることができます。

拡張子を割り当てる

c)DIDを割り当てる- top

管理者はDIDをユーザーに割り当てることができます。

DIDを割り当てる

d)アクセス番号の割り当て- top

管理者はユーザーにアクセス番号を割り当てることができます。

数

e)ユーザーの作成- top

以下のフォームは、ロールの作成に必要なフィールドを示しています。

ユーザー管理プラットフォーム

II)エージェント/拡張機能- top

エージェント/拡張機能フォームを使用すると、拡張機能名、パスワード、SIPまたはIAXプロトコル、および転送を入力できます。 この設定は、エージェントキャンペーンまたはインタラクティブキャンペーンに必要です。 ユーザーは、内線番号を外部のコールセンターまたはIVRシステムに転送できます。

エージェント拡張

III)ゲートウェイ- top

サービスプロバイダー/トランクは、基本的にはコール終了ポイントです。 トランクは、ユーザーがVOIPまたはPSTNネットワークを使用して関心のある受信者と接続できるようにするインターフェイスです。 したがって、ユーザーはトランクの詳細をここに入力します。

トランク:

トランク名:トランクの名前
タイプ:インバウンド、アウトバウンド、またはインバウンドとアウトバウンドの両方
ステータス:アクティブまたは無効
重み:重みはトランクの優先順位を設定します。 ルートの選択を行っている間、トランクは値が低くなるので他より優先されます。ノード:ノードのタイプを選択します。

技術情報:

ゲートウェイの種類:音声/ファックスの場合はアスタリスク、SMSの場合はKannel、Eメールの場合はSwiftMail

アウトバウンド構成: CPS制限:制限を選択します最大チャネル容量:許可される最大チャネル数
ダイヤルプレフィックス:このトランクで必要なプレフィックスがある場合

発信者ID: 発信者IDの形式:形式を選択発信者IDのタイトル形式:タイトルを選択

トランク構成:

プロトコルタイプ:IAXまたはSIP
登録文字列:トランクから要求または要求された場合のみ
設定:このトランクに接続するためのタイプ、ホスト、ユーザー、パスワード

ダイヤル文字列(デフォルト):

  SIP dial string: SIP/%phone/%trunk 
  IAX dial string: IAX/username/%trunk/%phone
  Kannel dial string: to=%phone&smsc=%trunk

新しいサービスプロバイダーのトランク

a)音声トランク構成- top

このセクションでは、技術者以外のユーザーがゲートウェイを簡単にセットアップできるようにする、サンプルのトランク構成と設定を示します。 次に、音声ゲートウェイをセットアップするためのトランク構成の例を示します。

プロトコルタイプ:

SIP(IAXの場合、別の設定が必要になる場合があります)

登録文字列:

ユーザ名:password@hostname.or.ip

設定:

host = hostname.or.ip username = username secret = password

プロバイダーの要件に従って、アスタリスクに関連するその他の設定

ダイヤル文字列:

SIP /%phone @%trunk(IAXの場合:IAX2 /%trunk /%phone)

b)FAXトランク構成- top

以下は、ファックスゲートウェイを設定するためのサンプルトランク構成です。

プロトコルタイプ:

SIP(IAXの場合、別の設定が必要になる場合があります)

登録文字列:

ユーザ名:password@hostname.or.ip

設定:

host = hostname.or.ip username = username secret = password

ファックスの場合、次のパラメータを使用して品質を改善できます

allow = alaw、ulaw t38pt_udptl = yes

プロバイダーの要件に従って、アスタリスクに関連するその他の設定

ダイヤル文字列:

SIP /%phone @%trunk(IAXの場合:IAX2 /%trunk /%phone)

b)SMSトランク構成- top

SMSゲートウェイをセットアップするためのトランク構成の例を以下に示します。

設定:

smsc = smppホスト= hostname.comポート= 9000トランシーバーモード=はいsmsc-username =ユーザー名smsc-password = PASSWORD max-pending-submits = 10システムタイプ= VMA

プロバイダーの要件に応じたその他の関連する設定

ダイヤル文字列:

to =%phone&smsc =%trunk

b)メールトランクの設定- top

以下は、電子メールゲートウェイを設定するためのサンプルトランク構成です。 電子メールゲートウェイを設定できるXNUMXつの異なる設定があります。以下に示すように、Sendmail、smtp、mailです。 トランクの作成中に、これらのいずれかを設定フィールドに書き込みます。

Sendmailの設定:

タイプ= sendmailコマンド= / usr / sbin / sendmail -bs

SMTP設定:

タイプ= smtpホスト= hostname.comポート= 25暗号化= tls#またはsslユーザー名= usee@domain.mail パスワード= PASSWORD

メール設定:

type = mail

トランクを作成する手順

  1. 管理=>ゲートウェイ=>新しいトランク。
管理ゲートウェイ
  1. 新しいトランクフォームに入力します。
    a)トランク名
    b)タイプ:アウトバウンド、インバウンド、またはその両方
    c)ステータス:アクティブまたは無効
    d)重み:-10〜10。重みが小さいトランクは、優先度が高くなります。
    e)ゲートウェイの種類:アスタリスク/ Kannel / Swift Maler。
    f)Cps(XNUMX秒あたりの呼び出し)制限。
    g)最大チャネル容量。
    h)プロトコルタイプ:Sip / IAX。
トランクを追加

IV)インバウンドDID- top

DID番号は、発信者がダイヤルする番号であり、システムはそのコールを受信します。 次のフォームでは、DID番号、その説明、および「割り当て先」に選択されているDIDアプリケーションを入力できます。

DID

V)システム構成- top

これは、ICTブロードキャストシステムの主要な構成オプション領域です。 管理者はこれらのオプションを変更できます。 これらのオプションの一部はアプリケーション固有であり、頻繁に変更する必要はありません(データベース、アスタリスク、Kannelなど)。 以下は、これらの各オプションの簡単な説明と使用方法です。

ウェブサイト:

管理者は、WebサイトのURLと外観に関連するさまざまなオプションを変更できます。
a)ウェブサイトのタイトル ICTbroadcastのカスタムタイトルを設定できます。
b)ドメイン名 カスタムのホスト/ドメイン名を設定できます。 このオプションは、ICTbroadcastヘッダーのタイトル/ロゴにリンクを作成します。
c)ウェブサイトのベースURL WebサーバーのどこにICTbroadcastを配置できるかを示します(Webサーバーのディレクトリパス)。
d)フロントページのURL カスタムの最初のページのタイトルを設定できます。 ユーザーをカスタムページにリダイレクトすると役立つ場合があります。
e)ウェブサイトのCookie名 クライアントマシンに保存されるCookie(一時テキストファイル)です。
f)デフォルト言語 ICTブロードキャストシステムのデフォルト言語を設定できます。
g)として実行 ICTブロードキャストシステムのステータスを、デモかライブかを通知します
_h)TTS engine_selectタイプ。

リスト/レポート:

リストとレポートを表示するオプションを設定します。
a)ページあたりのアイテム: 一度にリストに表示するアイテム(改ページ)。
b)量の精度: 精度の金額(通貨)桁を表示します。

アスタリスク:

これは、アスタリスクサーバーに接続するための構成オプションを示します。
a)AMIホスト: データベースがホストされているIPアドレス(エイリアス)。
b)AMIポート: 接続するデータベースのポート。
c)AMIユーザー名: アスタリスクに接続するユーザーの名前。
d)AMIパスワード: アスタリスクに接続する上記のユーザーのパスワード。 _e)TTS engine_selectタイプ。 _f)QoS_Asを有効または無効に監視します。

かんネル:

kannelサーバーに接続するための構成オプションを示します。
a)Kannelホスト: チャンネルがホストされているIPアドレス(エイリアス)。
b)Kannelポート: 接続するデータベースのポート。
c)Kannelユーザー名: kannelに接続するデータベースユーザーの名前。
d)Kannelパスワード: kannelに接続する上記のユーザーのパスワード。
e)sendmsのURLパス: Kannelのsendmsライブラリへのパス。
f)Kannelメッセージサイズ: Kannelメッセージのサイズ。

運動:

すべてのキャンペーンのグローバルオプションを設定できます。
a)最大の調査質問:調査キャンペーンごとに許可される質問の最大数。 b)サブスクリプションオファーの最大数:_サブスクリプションキャンペーンごとに許可されるオファーの最大数。 _c)デフォルトのCallerID: アウトバウンドキャンペーンのデフォルトの発信者IDを設定します。 管理者はここで任意の値を設定でき、グローバルな発信者IDとして使用されます。 ここでは、[campaign:callerid]などのトークン(変数)も使用できます。 個々のキャンペーンで設定された発信者IDを使用するようにシステムに指示します。
d)デフォルトのCallerID名: アウトバウンドキャンペーンのデフォルトの発信者IDタイトルを設定します。 上記と同様に、管理者はこのフィールドで任意の値またはトークン([camapign:callerid_name])を使用できます
e)転送時の発信者番号: 転送時に発信者IDを設定します。 たとえば、コールがコールセンター/エージェントに転送される場合。 管理者は[contact:phone]を使用して、エージェントに転送されたコールの受信者の電話番号を表示できます。
f)キープレスタイムアウト: ユーザーが希望するキーを押すのを待つ最大時間。
g)増分チャネル: 実行中のキャンペーンのチャネルを増加または減少させながら、ステップごとのチャネル増分。
h)DNCキー: 通話受信者は、自分の番号をDNCに追加するためにダイヤルパッドのこのキーを押す必要があります。
i)グローバルDNC:_有効な場合、連絡先が再度チェックされます。 _j)メッセージ再生キー: 通話受信者は、現在のIVRメッセージを受信するときに、ダイヤルパッドのこのキーを押す必要があります。
k)自動メッセージ再生: 通話の受信者が返信に失敗した場合、自動的にIVRメッセージを繰り返します。
l)最大メッセージ再生: この回数の再試行の後、現在のIVRメッセージはスキップされます。
m)ブロックセル:無効または有効にする番号を選択します。 n)キャンペーンごとのチャネル:各キャンペーンのチャネルの最大数。 _o)許可される最大呼び出し回数: 呼び出しの最大再試行回数オプションを設定します。 無効に設定した場合、最大再試行オプションはキャンペーンフォームに表示されません。
p)連絡先を繰り返す: ダイヤルするために連絡先を繰り返す方法を設定します。 すべての連絡先を繰り返すか、マークされた連絡先を繰り返すかは、前回の試行で失敗します。
q)通話モニタリング:_モニタリング通話数

メッセージ:無効なメッセージの録音:_ユーザーが有効なオプションの入力に失敗したときに再生される録音されたメッセージを選択してください。

メールのフッターを適用する:_有効にすると、各ユーザーは各送信メールに事前定義されたメールのフッターを含めるよう強制されます。

API:

APIに関連する構成を設定します
a)セキュリティキー: ICTbroadcast APIサービスに接続するためのセキュリティキー。

ユーザーポータル:

ユーザーポータルの設定オプションを設定します
a)ユーザーポータル: ユーザーポータルを有効または無効にします。
b)API URL: APIサービスのURLを設定します
c)アカウントURL: ユーザーアカウントのURLを設定します
d)ログインURL: ログインURLを設定します
e)ログアウトURL: ログアウトURLを設定します

システム構成

11)マイアカウント- top

I)私のアカウント- top

このフォームは、アカウント情報、アカウントステータス、個人情報、連絡先情報、およびタイムゾーン設定を提供します。

アカウント

II)パスワードの変更- top

ユーザーは、以下に示すように、マイアカウント->パスワードの変更フォームでパスワードを変更できます。 音声のような通話認証、通話による録音には、PINコードが必要です。

パスワード

III)ライセンスのアップグレード- top

ユーザーがライセンスキーを受け取っている場合は、システムにアップグレードできます。

ライセンスのアップグレード

IV)支払い- top

ユーザーは、アカウントの支払いリストを更新します。

お支払い一覧

12)レポート- top

I)CDRの概要- top

CDR(コール詳細レコード)サマリは、すべてのキャンペーンで行われた各コールのサマリを示します。 通話詳細レポート(CDR)には、キャンペーン中に行われたすべての通話の詳細、通話時間、費用が表示されます。 CDRリストには、成功したコールのリストが表示されます。 応答されたコールの数と失敗したコールの数を分析して見つけたい場合は、キャンペーン統計が表示されます。 CDRサマリは、キャンペーンステータスのチャートビューを提供します。 応答済みコール、未応答コール、失敗、未呼び出し、輻輳などが表示されます

II)CDR- top

通話詳細レポート(CDR)は、キャンペーンによって行われたすべての通話の詳細、継続時間、および費用を示します。 CDRリストは、成功したコールです。 応答したコールの数と失敗したコールの数を分析して見つけたい場合は、キャンペーンの概要を確認してください。

のCDR

III)キュー統計- top

Queue Statisticsは、コールの処理中にキューに追加された番号のリストを示します。 オフラインエージェント、準備完了エージェント、ビジーエージェント、最大通話数、最大待機時間に関する情報を提供します。

キュー1

IV)ライブ統計

ライブ統計には、現在処理中の通話に関する情報が表示されます。 キャンペーン、エージェント、エクステンション、ステータス、期間、エージェントがログインした時間、エージェントがログインしている時間と操作について表示されます。

ライブ統計

V)エージェント統計

エージェント統計には、各エージェントの全体的な概要が表示されます。 エージェントのログイン時間、ログアウト時間、エージェントが通話に応答するのにかかる時間、およびエージェントについて監視する必要のあるすべてのものが表示されます。 選択した日付の目的のエージェント結果を除外することもできます。

エージェント統計

VI)キャンペーン統計

キャンペーン統計には、各キャンペーンの詳細が表示されます。 キャンペーン一覧が表示されます。 また、独自のニーズと要件に応じて、目的の結果をフィルタリングすることもできます。

キャンペーン統計

13)エージェント評価- top

エージェント評価レポートには、各内線に関連付けられたCDRの概要が表示されます。 エージェントの通話時間、呼び出し時間、および保留時間が表示されます。 エージェントの評価を通じて、エージェントのパフォーマンスを評価できます。 また、選択した日付の選択したエージェントの望ましい結果を除外することもできます。

評価1

I)評価レポート

評価レポートには、エージェントのパフォーマンスのリストが表示されます。 通話時間と各通話のコメントが表示されます。 また、目的のエージェントと目的の拡張子の結果を除外することもできます。 また、結果をエクスポートして印刷するオプションも提供します。

ereport

II)評価レポート(項目)

評価レポート(アイテム)には、フラグが立てられた呼び出しのリストが表示されます。 呼び出しのプロセス中、一度に無制限の呼び出しが行われ、これらの呼び出しにフラグが付けられているほんのわずかの呼び出しを維持することは困難です。

14)その他- top

I)DNC- top

DNCでの作業。

  1. キャンペーンに移動=>キャンペーン管理=>新規追加=>任意のキャンペーンを選択します。
DNCカム
  1. 必須フィールドとしてフォームに入力します。
    DNCのアクションを選択します。
    有効にすると、キーを押すと9の受信者番号が連絡先リストから削除されます。 無効にすると、何も起こりません。
dncアクション
  1. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

II)AMD- top

AMDとの連携。

  1. キャンペーンに移動=>キャンペーン管理=>新規追加=>任意のキャンペーンを選択します。
DNCカム
  1. 必須フィールドとしてフォームに入力します。
    AMDのアクションを選択します。

  2. ハングアップオプションを選択すると、通話が切断されます。 機械が無傷のとき。 メッセージを選択したままにすると、留守番電話の検出時に選択した録音メッセージが再生されます。

amd行為
  1. [保存]をクリックしてキャンペーンを開始します

ICT放送チーム

目次へ